カウントダウン26: 長い夜〜オーバーナイトステージ練習会

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
はてなブックマーク - カウントダウン26: 長い夜〜オーバーナイトステージ練習会

あと26日。

お知らせ898887868584838281807978777675747372717069686766656463626160595857565554535251504948474645444342414039383736353433323130292827

樋渡啓祐さんとのcinemo PAXで会ったペライチ山下さん、世界のごちそうトークライブ&パーティに来てくれたジョージーナさん、初めて会ったのはパクチーの日だった白砂さんなど、パーティがあってこそ知り合った方々がそれぞれお友達と来パク。サハラマラソンテントメイトの福岡さんやソファ席があった頃のパクチーハウスを知る方も。

IMG_1569 IMG_1587
IMG_1596 IMG_1600

佐賀県の前武雄市長・樋渡啓祐さんがcinemo PAXで来パクしたのが2016年12月。ペライチの山下さんも佐賀出身ということで参加していました。直接会うのはその時以来。山下さんの初来パクはその2カ月ぐらい前。PAX Coworkingでコワーキング協同組合取材のペライチセミナーで講師を勤めてくれ、その後ご来パク。僕はその時確かニューヨークのFood Film Festivalの授賞式へ行っていたので会えませんでしたが。

paxiblack

 

ジョージーナさんは本山尚義さんと開催した「世界のごちそうトークライブ&パーティ」の参加者でした。白砂さんは2015年のパクチーの日のパーティで会ったのが初回。その翌月、メドックマラソンに出場する前のパリで、たまたま近くにいることがFacebookを通じて分かり、白砂さんオススメのお店で一緒にランチしたのがいい思い出です。その際、客席と融合したキッチンを見て衝撃を受けました。また、パクチーが普通にショーケースに置いてあって感激したこともよく覚えています。

パクチーハウスは「パクチー好き集まる店」と思われることが多いですが(料理内容からすると間違っているわけではないけれど)、毎日席を埋めるために「パクチーにそれほど関心がない(と思っている)層」をいかに惹きつけるかが大事だと開店以来思っていました。パクチーの日を祝うパーティ(8/9)・周年パーティ(11/20)・僕の誕生日パーティ(3/10)のパクチーハウス3大パーティはもちろんのこと、話したい人を読んだり、何らかの理由を付けてパーティ営業を200回ぐらい開いて来ました。これは、パクチーでなく僕が提供したい本当のテーマ(旅と平和)について伝えつつ、通常営業に足を運ばないだろう数多くの人たちに、パクチーやパクチーハウスに関心を持ってもらいたいと思って企画して来ました。魅力的なテーマはもちろん、人と人の縁で経堂に初めて来る方を増やすためです。

paxiblack

 

サハラマラソンで同じテントだった福岡さんが福岡からご来パク。コーチング仲間と楽しんでくれました。2015年にサハラマラソンが始まる直前のパリで会い、日本手食協会の九州層本部長を引き受けてくれ、また、博多シャルソン開催にも多大な尽力をいただいた友人です。砂漠以来頻繁に会う人の一人です。

paxiblack

僕の妻と子供たちも親しい友人家族と食事をしていました。たまたま当日予約が入った方が後から入って来たのですが、なんと娘の幼稚園時代の同級生でした。先日僕が祖師谷小学校のPTA主催の家庭教育学級で講演させてもらい、そのお母さんが聴いていてくれたそうです。お父さんはコエドビールの旧工場の見学にも行ったことがあるとのことでCOEDO毬花を美味しそうに飲んでくれていました。

paxiblack

「随分久しぶりに来ました」とおっしゃる方も。パクチーハウスにソファー席が会った頃なので、7年半以上前だと思います。PAX Coworkingを立ち上げたときに、ソファーは3Fに持って行きました。その後、ソファーはPAX Coworkingから、藤澤陽くん主宰の前橋の部室に行きました。

このK山さん、『ぱくぱく!パクチー』も買っていただいたほか、鳥獣gigaにも関心を持ってくれたそうで、今後店舗を無くしてからこそ、色々なところで会えるのではないかなと直感しました。

カンパクの際に、時々「パクチーがないところにパクチーを届けたい」という話をしていますが、この日お客さんから「ぜひ行って欲しい」と言われたのが福島県と新潟県の境にあるという只見町でした。この町は古くからマトンを食べるとのこと。羊好きな僕としてはとても惹かれました。一度行ってみるかなぁ。お知り合いいる方は、ぜひご紹介ください。また、単純に行ってみたいという方からのご連絡もお待ちしています。

paxiblack

営業終了直前に、元ハチハチサルーン(千歳船橋にあったバー)の井原さんと宮脇さん、そして酔っ払い東中トンチューさん、PAX Coworkingメンバーの平良さんが飲みに来てくれました。ちょっとした時に、ふらりと立ち寄ってくれるのは嬉しいです。良い夜でした。

paxiblack

と言っても、夜はそれでは終わりません。店の片付け終了後、サハラマラソンのオーバーナイトステージ練習会を企画していました。パクチーハウス東京のスタッフ・しげちゃんが、サハラマラソン創始者パトリックご来パクの際に獲得した「サハラマラソン2018出場権」。ぜひとも完走して欲しいという思いから、これを企画しました。まさか、僕がオーバーナイトステージ練習会@関東を3年連続で主催するとは!!! 人生わからないものです。

パクチーハウスを0:00頃出て、東京タワー、雷門、Chapter Two、スカイツリーを経て、帰りは新宿経由で帰って来ました。自宅に着いたのは朝8:09。仮眠して、また楽しい夜に備えます!スタッフで参加したのはしげちゃんのほか、井野くんと西田くん。

井野くんは、パクチーハウスの初代アルバイトゆきこさんの甥です。僕のサハラマラソン報告会の朝に久しぶりにゆきこさんから電話があり「アルバイト募集してない?」と。聞いてみたら、大学進学で上京して来たばかりの井野くんがアルバイトを探しているとの返事。とりあえずパーティに参加してみたらと伝えました。

まだ東京に全く慣れていない井野くんは報告会の途中に来て、突然「おじさんたち」がサハラマラソン云々言っていたので「レストランのバイト」のつもりがなにが起こってるのだろうと思ったそうです。そのままパクチーハウスで濃いメンバーが集まる立食パーティに参加。多分たくさんのクエスチョンマークが脳内に浮かんだまま、アルバイトをすることを決めました。

同じ年の秋に日本テレビ『news every.』で僕がスタッフに提供している「ランニング手当」の取材にも参加。いつ100km目指すだろうと思っていました。この日は結局、40km近く走りました。

西田くんはサハラマラソン2017フィニッシャー。昨年サハラに行く前に、僕に話を聞くためにパクチーハウスに来てくれました。それからサハラ関係者と一緒に何度か合うようになり、今回の閉店までの臨時スタッフに応募してくれました。翌日、大学で「サハラマラソン完走」の功績を表彰されるというタイミングだったのですが、他の参加者たちに圧されて、結局皇居まで一緒に走ることになりました(笑)。

西田くん、翌日は所属大学にて、「サハラマラソン完走」で学生表彰されたそうです。皇居でみんなと別れて自宅へ向かっていきました。

チャレンジをともにするのは楽しいですね。しげちゃんの経堂からスカイツリー往復46kmと井野くんの約38kmは、彼らのこれまで未踏の長距離。でも自分の限界を一歩一歩超えて頑張っていました。チャレンジを続ける彼らのことは、店舗を閉鎖しても応援し続けたいし、友人として僕も刺激を貰っていきたいと思っています。

 

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>