カウントダウン66: コミュニケーションツールとしてのフリーペーパー

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
はてなブックマーク - カウントダウン66: コミュニケーションツールとしてのフリーペーパー

パクチーハウス、経堂の店舗閉鎖まであと66日。新年3日。

お知らせ8988878685848382818079787776757473727170696867

妻の実家・広島から、自分の実家・秦野へ移動。毎日1kgずつ体重の増える生活。そりゃそうか。毎日の平均10kmランをせず、飲食量は89%アップしてますからね。そして夜世田谷に帰って来ました。

店舗を開いていると、ポスターを貼らせてほしいとか、フリーペーパーを置かせて欲しいとか、そういう依頼がよく来ます。お客さんのなら大歓迎! でもほとんどの人は置きたい、貼りたいだけで、店に興味ないんですよね。 でもそういうものも一つのコミュニケーションツールだから、誰のか分からないものを置いたり貼ったりしても意味はないんです。

馴染みのお客さんのショップカードやチラシ、イベント案内などはたくさん置いてあります。また、東北復興応援でウルトラシャルソンという走って東北のことを伝えるイベントを2014年からしてますので、それで縁のできたものもいくつか置いてあります。

昨年11月20日の10周年の頃から置いている、2つのフリーペーパーがこれまでの何よりも評判よく、あっという間になくなってしまっています。追加で送ってもらっています。

IMG_0849

一つは「1日限りのパクチーフェス」を一緒に開催した土佐町から届いた、とさちょうものがたりの冊子。下田昌克さんが描いた土佐町の皆さんの画集です。パッと見て惹かれるものがありますよね。帰りの電車でこの冊子をパラパラめくり、一人でも多くの人が土佐町を訪ねることを願います。またパクチーフェスやるだろうしね! 2017年に僕が3回訪れたお気に入りの場所です。

もう一つはシアトルから届いた『ORIGAMI』。シアトルの日本関連情報を伝えるものではなく、シアトルの人に、日本の情報を伝えるためのフリーペーパー。メドックマラソンに行く最初のきっかけを作ってくれた親友が隔月で発行し始めたものです。シアトルだけでなく世界中の人に興味を持ってもらえる内容なので、英語で日本のことを伝えることに興味ある人もどうぞ。他の都市で展開したい人、日本の伝統文化を伝え、残すことに関心のある人は、ぜひ声をかけてください。

 

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>