カウントダウン70: 時間は有限

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
はてなブックマーク - カウントダウン70: 時間は有限

あと70日の夜。

お知らせ89888786858483828180797877767574737271

パクチーハウス東京の2017年の営業は前日で終わりましたが、商店街のお寺で友人の身内のお通夜があり、経堂へ出かけました。年末挨拶できなかった方々数人にそこかしこで会いました。

パクチーハウス東京の閉鎖を発表したのは12月11日のこと。閉店日と決めた2018年から数えて89日前でした。では、いつ、閉店するというアイデアが出たのでしょう。記憶は定かではありませんが、1年以上前であることは確かです。

「決断」は直前でした。しかし、アイデアベースではその前から考えていました。

時間は有限であること。そして、サハラマラソンで砂漠を250km走っているときに感じた「大きな事を成し遂げたければ行動をシンプルにすべき」ということ。10周年という節目になにをすべきか・・・と考えたときに、あまた出てきたアイデアの中で、一つ方向性の違うものがありました。

「パクチー料理専門店を作ろう」と思いついたときと同じぐらい、自分でもビックリしました。ブームの最中、お客さんが増え続けている状況で、店をたたむこと。

「店を増やしたくない」というのは5年目ぐらいで確信となっていました。ブームの前後にはものすごい数の商業施設から、出店のお声がけをいただきました。多店舗展開の反対語で無店舗展開という言葉を思いついたとき、店舗閉鎖が現実味を帯びてきました。

パクチーがほとんど相手にされない状況を打破したい。日本パクチー狂会の創設した理由です。パクチーが気軽に手に入るようになり、(身に余る言葉だと思いますが)「パクチーの聖地」とまで言われていい気になっていてははいけないと思いました。

僕の使命は、パクチーがあるところで商売することではなく、パクチーがないところにパクチーを届ける、または、生やすことです。

時間は有限。だから、できることは完全に人に譲り、できないと思われていることをしたいんです。

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>