カウントダウン53: メドック・サハラ・南極

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
はてなブックマーク - カウントダウン53: メドック・サハラ・南極

あと53日の夜。

お知らせ898887868584838281807978777675747372717069686766656463626160595857565554

サハラ関係者、その元にあるメドックマラソンの友人たち、そこに極地つながり(?)で南極観測隊の人も。人の縁が重なりまくり、世界中で友達を共有できる仲間が増えた。

26731222_2035230663426713_5801165411201156021_n

サハラマラソン創始者パトリックバウワーのフランスへの帰国を見送った後に来てくれたレナさんと尾西くんからの連絡で営業スタート。「これから行くよ!」と。尾西くんは14日のパーティにどうしても来れず、感謝の気持ちを手紙に綴りました。それを読んでパトリックは号泣し、とても喜んでくれたそうです。パーティ直前の、近所のフレシュネスバーガーでの出来事でした。

その話を聞いて、仕事を休んで大阪から日帰りでパトリックに会いにきたとのことです。こういうパッションと即座の行動がいいですね。その勢いのままご来パクいただいたことを本当に嬉しく思います。

paxiblack

月1回ぐらいの常連の秋山さんが8人で来てくれました。あと1〜2回来てくれるとのこと。また、「あなたが何やっても応援するから」と仰ってくれました。こういう風に声をかけられるのはありがたいし、そういう気持ちでご来パクいただいているみなさんを前に、経営不振でもないのに閉店することは申し訳ないと(ちょっとだけ)思うことはあります。が、僕が大学生の頃までと時代はすっかり代わり、限りある時間や資源で生きるべき現在は、増築でなく一旦完全に壊して全く新しい物を作るべきではないかと思っています。子供のレゴと一緒です。パーツは限られています。

なお、この秋山さんのご子息もサハラマラソンのフィニッシャーです。

paxiblack

やがて来たのは3カ月ぶり、インドから一時帰国中のオバマ大統領。パクチー・ランニング・クラブのメンバーで、ボルドーに一緒に行ったこともあります。予約していたので席はあったのですが、一応座りますと言ってから30分弱。立ち飲みスペースに向かって行きました。それから同じグループのメンバーを一人ずつ招集。結局その後は座らずに立ち飲みで終えたのでした。

オバマ大統領は6〜7年来てくれてる常連さん。この日はファーストレディと同級生と来てくれました。近年は東北に赴任したり、インドに長期出張が多かったりですが、パクチーハウスの節目節目に来てくれています。

paxiblack

立ち飲みスペースに一人で来られていたのは(正確に言うと、立ち飲みスペース横の席に座っていたけどサハラ関係者に巻き込まれ立ち上がったのですがw)、南極観測隊の西山さん。以前南極へ行く前の研修中に、有志の方々が毎月パクチーハウスに来られていたことがありました。それから2年近くが経っています。

昭和基地は南緯69度にあるそうです。南極点まで2000km以上離れているんですね。四角い地図ばかり見て南極の距離感など考えたことがなかったので、意外な感じがしました。僕は次のパクパクマラソンで北極に行こうと思っていますが、南極点にもいつか到達したいと、お話ししていて思いました。

paxiblack

PAX Coworkingのメンバー・久保さんもご来パク。娘さんと、娘さんの高校の同級生の重岡さんを連れて。重岡さんは長野県のコワーキングスペースを使った事業のサポートの仕事をしていて、店長うっしぃが昨秋富士見町「森のオフィス」訪問時に、僕は12月に佐久市の「iitoco」で肩書きのワークショップを開催したときに出会っている人です。なんかもう、世の中狭いですよね。

paxiblack

「極地」とか「同級生」とかいろいろな縁がありますね。営業が終わって予約のメールをチェックしてみたら、パクチーハウスで出会ってパリに移住した方から連絡が入っていました。メドックマラソンでパリを経由したときにもお世話になったこの人も来月ご来パク予定です。

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>