カウントダウン55: パトリック・バウワー氏ご来パク

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
はてなブックマーク - カウントダウン55: パトリック・バウワー氏ご来パク

あと55日の夜。

お知らせ89888786858483828180797877767574737271706968676665646362616059585756

メモリアルナイト。サハラマラソンのレースディレクターが来パクした! 来日記念のウエルカムパーティ&砂漠同窓会。サハラマラソン出場経験者が50人以上集まる砂漠ナイトだった。

IMG_1118

パトリック・バウワー氏は、サハラマラソンの創設者でレースディレクター。僕も2015年春に、パクチーハウス東京開業89カ月を記念して参加しました。(『パク塩でサハラを走る』参照)

30年以上前、サハラ砂漠を荷物を背負い、10日間で350km走ったそうです。その体験を分かち合いたいということで作ったレースが Marathon des Sables なのです。7日間で砂漠を250km弱走ります。

メドックマラソンに出場したい人が集う「パクチー・ランニング・クラブ」で毎月のように練習(飲む方の)を開いていたのですが、メンバーの一人レナさんが、ある日突然「サハラマラソン」に出ようと思うんです・・・と宣言しました。当時の僕にとって全くもって意味不明。他人事として「頑張ってね」と応援し、ボロボロになった脚の報告をFacebookで見たときは「よくやるなー」と正直思いました。その次の会合で完走の報告を聞いたときは本当にすごいと思いましたが、僕には関係ないと思っていました。

それから毎月、レナさんは「砂漠最高」「サハラ楽しい」「またぜひ行きたい」と常につぶやいていました。1年ぐらいでいつの間にか洗脳されたようで、「興味あり」に心境が変化していました。

メドックマラソンつながりで知り合った石田さん。彼も一年かけてサハラに行きたくなったようで、僕を誘ってきました。2014年5月末のことでした。初のパクパクマラソンとしてのコムラッズマラソン(南アフリカ)の出発直前で、しかも東北復興応援ランニング「ウルトラシャルソン」の構想というか妄想をどう実現すべきか考えている頃。思考回路を割いている余地はないときでした。改めてその時のメッセンジャーを読み返してみたら、勧誘から承諾まで5分もかかっていました。迷いがあったんですねー。

とにかく、砂漠に行きたい気持ちを突き動かされ、決めました。そして、その理由を南アフリカで89km走りながら考えたのです。出場予定月がたまたま開業89ヶ月目であることに気づき、かつ、パクチーを出す店が増え、いろいろな企業からパクチーに関するコラボレーションのご連絡を水面下でいただき始めていたので、“これからはパクチーの時代”宣言をしようと思いつきました。それまでは遠慮がちにパクチーを語っていたのですが、89カ月目からはフォロワーの存在を意識しつつ自信を持ってパクチーを語りますという宣言です。「さぁ、パクチー!」これを数字で書くと「389」となります。「389」を読み替えると「さ・ば・く」・・・。「ありえない」と言われたパクチー料理専門店を継続できていたことを、比喩的に「砂漠にパクチーを生やす」というタイトルでの報告会をして表現することにしました。(『“ありえない”をブームにするニッチ戦略: パクチーハウス東京の10年』参照)。

サハラマラソンは心から楽しみました。最初の10kmぐらいは不安が先行していましたが、壮大な景色に身を置いている自分に心が震え、それからはずっと楽しすぎる時間を過ごしました。(サハラマラソン2015まとめ参照)

出場後、この本当に素晴らしい体験を一人でも多くの人に伝えねばと思い、パクチーハウスでのイベント以外にも全国で報告会を開きました。金沢・野々市・安曇野・大阪・広島・武雄・島原などで開催しました。話を聞いてサハラマラソンに興味を持つ人がどんどん出てきました。世界一過酷なハネムーンと称して翌年参加したうえだやまと夫妻がその一例です。

彼らの完走をサポートしたいと、オーバーナイトステージの練習会を企画。一度だけのつもりが、翌年もなぜか僕に開催の要望があり、2年連続練習会の主催者になってしまいました。

そして、3年連続オーバーナイトステージ練習会を企画することに、昨日なりました。素晴らしい贈り物!!!

パーティ中、パトリックが抽選で1名を今年のサハラマラソンに招待すると発表しました。そして、なんと・・・うちのスタッフしげちゃんが当選しました。

しげちゃんは昨年9月に、閉店までの半年間パクチーハウスを一緒に作りたいということで僕から協力を依頼し、旅から戻ってきたスタッフです。スタッフに心身ともに健康になってほしいと思い4年ほど前から始めた「ランニング手当」(月100km走ると手当がもらえます)にも積極的にチャレンジし、他のスタッフを引っ張ってくれています。僕のサハラマラソンの話に、自分もいつか出たいと言っていたので、この日のランチタイムに「いつにするの?」と聞いたら「来年ぐらいですかね」と。

それが急に、今年の話になりました。スケジュールを確かめてみると、抽選の瞬間からちょうど89日後に、しげちゃんはサハラマラソンを完走することになります。

楽しんでほしい。そして、絶対完走してほしい。オーバーナイトステージ練習を含め、砂漠を楽しめるようなサポートをしたいと思います。パトリックは本当に神様のような存在。パクチーハウス東京の最終章を彩ってくれ、しかもスタッフの人生をますます面白い方向に導いてくれました。

パクチーハウスを作ってよかった! サハラに行ってよかった! パトリックありがとう!

クスクスの砂丘

しげちゃんが作ったクスクスの砂丘に、パトリックも大喜びでした。

 

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>