ベトナムを魅せるウェブサイト〜日本人がベトナム人を魅了!

おはようございます。Kyo paxiです。

クラウドファンディングご存知ですか? ネットを介して小規模に資金調達(ファンディング)できるサービスです。支払う側としてはちょっとした面白い試みとか唸るチャレンジに衝動的(熟考の後でもいいけど)に寄付するような仕組みですね。僕は面白い人に出会えるきっかけとして時々やっています。カンボジアに学校を作っているハチくんとの出会いもこれでした。

先日、うちのスタッフからクラウドファンディングについて聞かれ、話をしていたところ、ベトナムで日本語で情報サービスをしている人が、ベトナム人向けにも始めたいということでクラウドファンディングしているという話になりました。よくよく聞いてみると、これがよく知っている人のものだった。ネルソン!

ベトナムを魅せるウェブサイト・べとまるをベトナム人も読めるようリニューアルしたい

この企画者・ネルソン君のことを知ってから、約5年になります。きっかけは、パクチーのうた(AmazoniTunes)。ある日、パクチーハウス東京の開店祝いとしてこれをつくってくれた友人のsyung@さんのもとに、一通のメールが届く。送り主はネルソン高円寺(当時)。

syung@さんは僕にそれを受けて「結婚式でパクチーのうたを流したいから音源がほしいという連絡がネルソンさんという方からありました」と報告してくれました。もちろん、二つ返事でOK。それどころか、やり取りの中で、なんなら結婚式でライブで歌うよとも提案しましたが、軽くスルーでしたw。

それから3年後。そのときのことはすっかり忘れていましたが、twitterでパクチーハウスに旅の話を聞きにいく云々というものがあり、旅の体験から起業している僕は依頼に基づいてでなく勝手に彼を歓迎し引きずりこもうという感じでリプライしました。そして初めての海外一人旅に行く人と話をすることに。

・・・と、そのどこかの過程でそれを言っている男の名前が「ネルソン」で、僕はやり取りのとこかで過去のことを思い出しました。音源をくれという依頼がたしか本名でなく「ネルソン」で来たというのが非常に印象深かったのでしょう。twitterでのやりとりで「パクチーのうた」のことを問い、そのネルソンがあのネルソンということが判明しました。

そしてネルソン初来パクのときに、初めて彼と出会いました。

彼は最初パクチーが嫌いとか言っていた気がしますが、「パクチーが嫌いな人は世の中に存在しない。嫌いという人がいるとすれば現時点で苦手と思い込んでいるだけだ」という信念を持っている僕はそんなこと意に介さず。ネルソンがこれから旅をするにあたってどうしたらいいかということを、全く僕の主観から適当にアドバイスしつつ、各国で行くべきところ、会うべき人のリストを口頭で読み上げていきました。

ネルソンはその後、旅をしました。そして僕の友人・知人に何人か会い、帰国して再会たときにはベトナム移住を決めていました。彼がベトナムを旅する数ヶ月前に、僕は知人の結婚式やコワーキングの関係でベトナムを訪れたし、その後飲食業関連の知人が2号店をサイゴンで開いたというのもあったので、気になる土地でした。ネルソンは、そこでいろいろな活動をし、今に続くもののひとつとして「べとまる」とウェブマガジンを発行しています。

日本人でベトナムに行く人は、ガイドブックを読むより彼のウェブを読んだ方が断然いいです(『べとまる』)。そして、日本語を勉強しているベトナム人なども、近頃はそれを読み、コメントやメールをくれるようになっているそうです。そこで、ベトナム人にも「べとまる」を読んでもらいたいという思いに至ったようです。

ときどき「べとまる」を読む一人として、彼の思いを実現させたいです。ぜひ「べとまる」と彼の企画を読んで、みなさんも応援してあげてください!

ベトナムのマニアックなスポットの知識量は、世界で五本の指に入ります
「ベトナムのマニアックなスポットの知識量は、世界で五本の指に入ります」と豪語するネルソン水嶋

PARACUPにボランティア出店しました

こんにちは、Kyo paxiです。3月は300km走りました。

パクチーハウス東京では、シャルソン(ソーシャルマラソン)の開催や企画支援やメドックマラソンへの参加など、ランニング関連のイベントに積極的に取り組み始めています。その流れの中で、僕の友人であり世界遺産ランナーの青木宏和くんが実行委員として入っている「PARACUP」への出店を要請されましたので、行ってきました!

PARACUP2014

今回はタイ風さつま揚げとトムヤム砂肝を100食ずつ用意しました。少し早めになくなってしまいましたので、また機会あれば倍ぐらい用意していきますね。食べられなかった方〜、パクチーハウスへいつでもお越し下さい。

新スタッフの武くんに手伝ってもらいましたが、PARACUPボランティアの楽しい方々3人も一緒に加わってくれましたので、たくさんの方々とお話も楽しむことができました。来年はうちのスタッフ3人ぐらいで行って、順番に走りつつランナーのみなさんと交流できたらいいなと思いました。

こんなレアキャラにも会えました〜

パクチーハウス東京に来ていただいたことのある方とお話ししたり、知らない方に知ってもらったり、パクチーを初めて食べてもらったり。また、個人的には十年以上お会いしてなかった社会人キャリアの第一歩・富士通時代の先輩に会うこともできて嬉しかったです。

ボランティアスタッフのマット、アリママ、なかむー、ありがとう〜!


 

パクチーハウス東京、今年は社員スタッフ全員でメドックマラソンに行こうと考えています。その前に僕は、パクパクで南アフリカのコムラッズマラソンへ行きます。

ランニングとパクチーを愛するみなさん、パクチー・ランニング・クラブで一緒に楽しみましょう。

ソチのパクチー料理

オリンピックそっちのけでランニングしていますKyo paxiです。

僕はソチには行ったことはありませんが、ソチはトルコやグルジアに近く黒海に面しているので、パクチー料理がたくさんありそうです。

・・・と思っていたらやはり。

速水もこみちさんが「MOCO’s キッチン」でレシピを紹介していました。ヒンカリという、ペリメニというか水餃子みたいな料理です。

もこみち流 ヒンカリ:
http://www.ntv.co.jp/zip/mokomichi/3971072.html

アジックでパクチー克服!

こんにちは、初体験があまりに強烈なパクチーだったので、苦手意識を感じる暇もなかったKyo paxiです。

味のマジシャン・鈴木隆一博士の「アジック」で、パクチーへの苦手意識を克服。博士ありがとうございます!

ちなみに、僕は「世の中にパクチーが嫌いな人はいない」と確信を持っています。パクチーハウス東京にもちょくちょく“パクチーが苦手”という人が来ますが、いろいろなものとの組み合わせで自分なりに好みの方法を見つければ、すぐにまたは次第に克服できるということが分かってきています。また、パクチーハウス東京に通ってくれるお客さんのうち、半分ぐらいは第一印象で「なんじゃこりゃ」と思ったといいます。初めて食べる異質なものに抵抗を感じるのは自然な反応。ビールも飲み続けることで好きになることが証明されていますよね。それと同じです。

味博士によると、味覚を司る味蕾の発達には10日かかるそうです。アジックでまずは苦手意識を克服。つぎに味蕾を発達させれば、パクチーはあなたの味方です。

一度で駄目ならもう一度チャレンジすればいい。二度目も駄目なら三度目も。

パクチーは世界中の料理に使われていますので、苦手意識を持ったまま生きることは人生損しているなと思います。パクチーが苦手でも、なんとかしたいという意思を持っている方、ぜひご相談ください。

 

映像制作: AISSY株式会社

【6周年記念発表】パクチー柄の洋服

こんにちは。今日も緑の服を着ていますKyo paxiです。パクチーハウス東京は、本日で6周年を迎えました。

午後6時半開場、7時開宴で「6周年記念パーティ」を行っておりますので、仕事が終わったらパクチーハウスに猛ダッシュ願います!

さて、このタイミングで一つ発表があります。

な、なんと、パクチー柄の洋服が発売されることが決まりました

神戸のファッション・雑貨などの通信販売を行っているフェリシモさんとのコラボレーション企画です。まだ詳細については秘密なんですが、来年2−5月ごろに販売されます。

パクチー好きな担当の方の熱意でこのような企画が実現したことをうれしく思います。ある程度注文が入った場合に生産されるという仕組みのようですので、みなさん、今後の情報に注目してください。

神戸でパクチーが熱いですね。

パクチーハウス東京の取引農家の一つに神戸のもりたんぼさんがあります。また、日本で最初のコワーキングスペースである神戸のカフーツさんで、最近パクチーを食す会が何度も行われています。

ニッチといわれつつも、6年続けるといろいろ面白いことが起こってきます。続ければ続けるほど、もっともっと楽しい結果が待っていると思うので、引き続き頑張っていきます。これからも、パクチーとパクチーハウス東京をよろしくお願いします!

 

パクチーハウス東京・店主
Kyo paxi

パクチーハウスの楽しみ方

『みんなで作る パクチー料理』が電子書籍になりました

こんにちは。日本パクチー狂会・会長のKyo paxiです。

昨年11月にスモール出版より発行した『みんなで作る パクチー料理』が、この度電子書籍となって登場しました。PCやアイフォン、Androidoなどで閲覧できます。常に手元にパクチー料理を置いておきたい方は是非どうぞ!

http://honto.jp/ebook/pd_25759660.html

僕もこれからダウンロードしてみます。

やっぱり紙がいいや、と言う方はこちらからどうぞ。サイン欲しい方はパクチーハウスで声かけてください(笑)。

 

パクチーハウス東京に関する書籍・商品はこちらをどうぞ:

パクチーのうたがプロモーションビデオに!

こんにちは、Kyo paxiです。パクチーの日を翌日に控え、いかがお過ごしでしょうか?

パクチーハウス東京の開店祝いに知人がプレゼントしてくれた「パクチーのうた」。J-waveでオンエアされたときは「アーティスト以外で自分の曲をかけた人は初めてです」と言われました(笑)。

この度、その「パクチーのうた」が、ニューヨークで予約の取れないレストランとして有名な超人気店「Hakata Tonton」のプロモーションビデオに採用されました。博多デトックス・パクチーもつ鍋の紹介動画です。

この店は、現在九州でパクチーの普及に力を尽くしてくれているヒミ*オカジマさんの店です。ニューヨークに行く機会を作って是非訪れたいなぁ。

ぜひともご覧ください!

なお、パクチーに関するビジネスや活動をしている人で、パクチーのうたを活用したい人は、ご連絡ください!

パクチーのうたがAmazonで購入できます
パクチーのうたがiTunesで購入できます

バルス『MAISHA』 We Are パクチー・マニア

こんにちは。Kyo paxiです。

Francfrancなどで知られているバルス社の隔月誌『MAISHA』で、「We Are パクチー・マニア」という6ページのパクチー特集が組まれています! 本日25日発売! みなさま是非読んでください。

パクチーハウス東京は「パクチー・マニアのパラダイスここにあり」と紹介されています(笑)。

特集の筆頭が「和ハーブダイニング&バー さらさ」(元麻布)でした。和ハーブ協会というところが、「パクチーは和ハーブです」と仰っています。江戸時代以前から日本に自生していたハーブを和ハーブと定義づけているそうです。パクチーは10世紀の『和妙類聚抄』に記載があり、日本にも少なくとも1000年以上前から入ってきています。僕はパクチーが和の食材として認知されることも、目標の一つに掲げています。

その他、Twitterで接点のある「オーセンティック」(浅草)、日経MJの特集記事(手食)でご一緒したことのある「ムット」(新宿)、一度お邪魔したことのある「シラントロ」(代々木上原)や「ピニョン」(渋谷・神山町)、パクチーハウスのお客さんが勤務している「ティー・ワイ・ハーバー ブルワリー」も紹介されていました。

まだ行ったことのない以下の紹介店舗にも、訪れてみたい。
・ポルトガル料理「ヴィラモウラ」(銀座)・・・ポルトガルで結婚式を挙げた僕としては同国料理がこんなに店舗展開しているのは嬉しい驚き
・中国少数民族料理「ナポレオンフィッシュ」(麻布十番)
・中国東北料理「味坊」(鍛治町)

パクチー特集に載るほど、パクチーに対し愛情を注ぎ、パクチーに関する情報発信をしている店なのでパクチー狂のみなさんは是非応援しましょう!

ちなみに余談ですが、雑誌の発行元バルスの創業社長・髙島郁夫さんに、ライブドア・ニュース時代にインタビューしたことがあります。細部までセンスのいい方だったので非常に印象に残っています。

MAISHA

角川マガジン『経堂Walker』

角川マガジンズの「ひと駅ウォーカー」シリーズで、ついに経堂を特集した『経堂Walker』が5月17日に発行されました!

一冊まるごと経堂! 経堂在住・在勤のみなさんはもちろん、パクチーハウス東京に来たことのある人、来てみたい人、来たくない人はぜひご覧ください。

経堂ウォーカー

 

パクチーハウス東京は、p.14の「日本一のオンリーワングルメの衝撃☆」のページに、SAVANNA(ケニア料理)、三輪亭(南チロル料理)とともに掲載されています。