パクチー入りポテトサラダと豚肉のバラ肉神楽南蛮味噌付 #パクチーハウスのパクチー料理

パクチー入りポテトサラダと豚肉のバラ肉神楽南蛮味噌付

材料

・ポテトサラダ(緑のポテトサラダVol.1を参照)
・パクチー
・豚バラ肉(ブロック)
・醤油 100ml
・みりん 100ml
・酒 20ml
・砂糖 小さじ2
・神楽南蛮味噌

 

作り方


通常レシピのポテトサラダにパクチーのみじん切りを混ざ合わせる


鍋にたっぷりの水を入れ、豚のバラ肉、パクチーの根・茎、酒を少々入れ、一時間ほど茹でる。


醤油、みりん、酒、砂糖小さじ2杯を鍋で温め、沸騰寸前で火を止める。


茹でた豚バラと3をビニール袋に入れ、軽くもんで寝かしておく。


豚バラ肉をを好きな厚みに切り、神楽南蛮味噌とパクチーの種(ひいたもの)を載せる。

 

レシピ作成:高円寺・魚浩(うおこう)の女将・松井つるみさん(2018年7月のパクチー・ランニング・クラブ主催「メドックマラソン2018壮行会」向け特別メニュー)

たくさんの地野菜のてんこ盛りパクチー香り油かけ #パクチーハウスのパクチー料理

たくさんの地野菜のてんこ盛りパクチー香り油かけ

 

材料

・モロッコインゲン 89g
・ズッキーニ(黄・緑) 2本
・小茄子 3本
(野菜はお好きなものでどうぞ)
・油(飲む酒によりオリーブオイルまたはごま油)
・パクチー(根・茎) 6cmぐらいに切り計20本程度
・めんつゆ 100ml
・酒 50ml
・醤油

 

作り方


野菜を適当な大きさに切り、サッと油で素揚げする。


鍋に油89ccをフライパンで熱し、パクチーの根と茎を入れて香りがたつまで炒め煮にする。


めんつゆ100cc. 酒50cc. 醤油小さじ1を鍋に入れ、熱してアルコールを飛ばしたら火を止める。


揚げ野菜に3を回し掛け、熱々の香り油を載せ、パクチーの根と茎をトッピングすればできあがり。

レシピ作成:高円寺・魚浩(うおこう)の女将・松井つるみさん(2018年7月のパクチー・ランニング・クラブ主催「メドックマラソン2018壮行会」向け特別メニュー)

蟹味噌豆腐パクチー和え #パクチーハウスのパクチー料理

蟹味噌豆腐パクチー和え

材料

・木綿豆腐 半丁
・パクチー
・奈良漬(〆張鶴の酒粕でつけたもの:日本酒の蔵の酒粕なら 外れがなく良い合わせができます)
・蟹味噌 大さじ2
・醤油
・塩

 

作り方


木綿豆腐半丁をさっとゆで、冷やしておいて、ガーゼで絞っておく。


その間にパクチーの茎のところから少し葉が入るところぐらいの場所を細かく刻んで置く。奈良漬も細かく刻む。


蟹味噌、豆腐、パクチー、奈良漬、蟹味噌、を全て混ぜ、後に醤油、塩を少し入れ、味を整える。


パクチーの葉を沢山皿の周りに飾り、3を盛り付ける。

レシピ作成:高円寺・魚浩(うおこう)の女将・松井つるみさん(2018年7月のパクチー・ランニング・クラブ主催「メドックマラソン2018壮行会」向け特別メニュー)

 

松井つるみさんは高円寺の居酒屋・魚浩の女将さんですが、パクチーハウスKyo paxiとの出会いは、2011年秋。コワーキングの黎明期だった当時にパクチーハウス東京の上にあったPAX Coworkingを訪れた最年長(当時)の方でした。最年長とはいえ、歳を感じさせないバイタリティと好奇心、そしてコワーキングコミュニティにふさわしい「人をつなげる」才能を発揮して、PAXを含め数多くのコワーキングスペースに来られています。

2018年7月のイベント情報 #無店舗展開

パクチーハウス関連、イベント・パーティ・講演情報です。ご参加歓迎、また色々な人に知って欲しいのでご参加またはシェアしてください!

 

1日(日) 水の都 おおがきシャルソン

2回目の大垣シャルソン。

 

3日(火) ドレスコードはパクチー:全緑を尽くすパクチーパーティ

全面パクチーTシャツを着た人だけが参加できる、特殊な異空間へようこそ!

 

4日(水) Asian Bistro D(仙台)でパクチーを食べる会

パクチー銀行仙台臨時出張所を開設。

 

8日(日)・9日(月) 「ヤンパクバーガー」デビュー!@ゴホウビダイナー

6月25日の非常識経営論トークライブ向けに開発した「ヤンパクバーガー」が、祖師ヶ谷大蔵のゴホウビダイナーで、毎月8日と9日に食べられるようになるそうです。

 

10日(火)・11日(水) パクチーハウス三軒茶屋@シンチャオ

パクチーハウス東京跡地から3.89km! パクチーに力を入れるベトナム料理のお店でパクらせていただきます。

 

12日(木) 銀座寿司さいしょさんとコラボの魅惑のパクチーナイト【すしパク!】

昨年好評を頂きました寿司さいしょさんとの二度目のコラボイベントです。
江戸時代の書物に、寿司の原型にパクチーが使われていたという記述があります。それを踏まえて寿司とパクチーを超現代風にアレンジしてお楽しみいただきます。

 

17日(火)〜19日(水) 十勝イノベーションプログラム

 

22日(日) 諫早シャルソン

真夏の諫早でご当地シャルソン開催!

 

23日(月)〜25日(水) 島原・天草 酒蔵ツアー

 

人生なんて、簡単に変わるから #パクチーハウス祖師谷

15年近く住んでいる祖師ヶ谷大蔵にある友人の店・ゴホウビダイナーで「パクチーハウス祖師谷」を行いました。

生産者と直接つながる店作りをしたいというオーナー星児くんを応援したくてついに実現。楽しい空間ができました。

こんなやり方ですが、以前にも書いた通り、パクチーハウス東京の立ち上げから閉店までの10年間にお会いした皆さまのお手伝いをしていますので、気軽に連絡ください。

以下、星児くんのレポートを引用!


2018年6月25日

Mr.パクチー佐谷恭さんトークライブ「非常識経営論」開催しましたー!今振り返っても湧き出てくる感情は、楽しかった!!の一言。笑いあり、笑いあり、笑いあり…笑いしかない!

主催しながら個人的に聞きたかったのは、佐谷さんの苦労話や成功の秘訣を聞きたがっていた、自分に気付いた。トークライブが始まるまでは。

そんな自分の気づきを横目に、終始笑いが散りばめられたトークライブは、パクチーハウスの成功哲学ではなく、トークライブそのものが、旅先のゲストハウスの出来事のような雰囲気で進んでいく。知らないもの同士が卓を囲み、飲み語り合い、場が生まれて行く。

20:09には、パクチーハウス東京恒例のカンパクの音頭、「ビラビラビ~ラ!パクパクパク!」が繰り返され、参加してくださった方々が次々に、カンパクの渦に巻き込まれ、一体感は最高潮に達していた。

いつまでもこの場で飲んでいたい、そんな気分になっていたのは、僕だけではないと思う。

パクチーハウス東京では、お客様に愚痴や陰口を言わせない店作りをしてきた、とトークライブで話されていた。

自分の店であるゴホウビダイナーがMr.パクチーによりハイジャックされ、昨日はパクチーハウス祖師谷になっていた。カンパクの音頭であふれ、イベントで初めてあったはずの、見ず知らずのお客様同士が、ビールを片手に語り合い笑い合っていた。

人が居て、ビールがあり、カンパクすれば、楽しくてワクワクする出会いが生まれるということを、目の前で見せてくださった佐谷さん。

自分が飲食店で修行し我慢した10年。見つけられなかった最後のピースが見つけられた貴重な時間になりました。価値観がガラリと音をたてて変わった夜。

うたげの後の店を片付けながら聞いた佐谷さんの言葉、「人生なんて、簡単に変わるから」が忘れられない。

Mr.パクチーは、栽培用パクチーの種をイベントの最後に参加者に配っていた。

もちろん本物のパクチーの種だけれど、本当に渡したかったのは、楽しく生きる人生哲学だったのかもしれない。

平日の夜にも関わらず駆けつけてくださった、山田さん、西澤さん、藤本さん、速水さん、吉浦さん、伊藤さん、岡田さん、平野さん、高橋さん、牧野さん、本当にありがとうございました!

また、8日9日に、お会いしましょう!

齊藤星児

ヤンパクバーガー #パクチーハウスのパクチー料理

 

祖師ヶ谷大蔵のゴホウビダイナー(東京都世田谷区)とのコラボイベントで出したヤンパクバーガーのレシピです。パクチーハウスで大人気のヤンパクをヒントに、激ウマバーガーを作ってくれました。パティを作っておいて冷凍すれば、ご自宅でもいつでもヤンパクバーガーが食べられますよ!

ヤンパクバーガー

材料

<ヤンパクパティ>
・ラムもも肉ブロック 2kg
・パクチー 200g
・塩 適量
・パクチーの種 適量
・白胡椒 適量
・オリーブオイル 少々
<ヤンパクバーガー>
・ヤンパクパティ 1枚
・粒マスタード 少々
・マヨネーズ 少々
・玉ねぎスライス 少々
・トマトスライス 一枚
・レッドチェダーチーズシュレッド 50g
・パクチー(葉) 大量
・バンズ 一個

 

作り方


ラムもも肉ブロックを解凍し、赤身、脂身、筋、へと分離する


赤身と脂身を分離したら、サイコロ状に切り出し、ミンサー(フードプロセッサー)にかけて挽き肉にする。筋はスープに使うので別にしておく。


ミンチに、塩、パクチーの種、白こしょうをミルで弾いて適量、振りかける。


ひたすらこねくりまわす。


粘りが出るまでこねたら、掌にオリーブオイルを塗り、120gに小分けした挽き肉を、ハンバーグ状に整形し、真ん中を凹ませる。


熱したフライパンにオリーブオイルを敷き、パティを焼く。両面焼き色がついたら、水を少々入れて蓋をして蒸す。


両面1分ずつ蒸したら、レッドチェダーチーズを上から振りかけ、再び蓋をして2分待つ。


チーズを乗せたタイミングで真横から切り込みを入れたバンズを焼いておく。


バンズが焼けたら、クラウン(バンズの上部)に粒マスタードを塗り、ヒール(バンズの下部)にはマヨネーズを塗って待つ。

10
バンズのヒールの上に、チーズを溶かして焼いたパティを載せる。

11
パティの上にスライストマト、その上に10cmにカットしたパクチーを適量挟む

12
パクチーの上に塩こしょうバターで炒めておいたローストオニオンを重ねて、バンズのクラウンで蓋をする

 

レシピ開発: 齊藤星児(ゴホウビダイナー)

ゴホウビダイナー
世田谷区祖師谷1-9-9-1F TEL: 03-6315-4911
2017年4月創業。自家製パティのハンバーガーランチ、自家製DELIとグリルステーキのディナー、10TAPの生ビールがいつでも楽しめるクラフトビアダイナー。クラフトマン(生産者)とのコミュニケーションのきっかけになるコミュニティを目指しています!

経堂 勝手シャルソン2018春〜パクチーを探して

経堂のまちを改めて散策してみませんか?

パクチーハウス東京を目指して、これまで何度も経堂に通っていただいたみなさん、ありがとうございます。10年超経堂でお世話になり、たくさんの知り合いもできました。パクチーハウス東京経由でパクチーを使っていただいたお店もたくさんあり、使わなくなったお皿、ジョッキのほか、レシピのシェアなどもして恩返しをしています。

経堂を勝手シャルソンしながら、パクチーハウスと縁のある店を散策しませんか? なお、勝手シャルソンですので、この企画は勝手にやってください。また、各店舗に特に相談等もせず勝手にやっていますので、勝手に各店舗の営業時間を調べて、勝手に行ってみてください。ただし、身勝手な行動は慎んでください(追パクを執拗に要求するなど:専門店ではありませんので)。

大変お世話になった以下の店舗を、勝手シャルソンしてみませんか。

また、ここ以外にもパクチーを出しているお店がいくつもあります。経堂でパクチー探ししませんか?

勝手シャルソンの様子は、日本パクチー狂会:パクチーハウスonline に勝手に投稿してください。ハッシュタグは、 「 #経堂で見つけたパクチー 」です。

28555574_2043993232342456_699280028_o

カウントダウン8: ヤンパクーヘンはじまる

あと8日。

お知らせ89888786858483828180797877767574737271706968676665646362616059585756555453525150494847464544434241403938373635343332313029282726252423222120191817161514131211109

お子さんが小さい頃から通ってくれているこっしーファミリー、ウルトラシャルソン事務局田上さん、元スタッフ間宮さんやWクボマリさん、鳥獣giga常連の吉永さんも!

IMG_1847

オープン直後に、小さい兄弟・・・が大きくなって帰って来ました。妻の大学の同級生であるこっしー夫妻と6年生・3年生の兄弟。小学校に入るときに、上の子が「立て!若きパクチーマン!」をやってくれました。 こっしーは息子さんたちを連れて何度も来パクしてくれただけでなく、よくPAX Coworkingも利用してくれました。

paxiblack

何組か入って来た中に僕の母の姿も。そういえば予約番号の中に秦野市の市外局番があるなぁと思っていたら、母の知人が予約をしてくれていました。趣味のサークルの仲間とその先生の集まり。母の友人たちにも随分たくさん来パクしていただきました。母は人にすぐ声をかけるタイプなので、多方面に友達がいるみたいです(笑)。

大学を出て10年間は、一般的に見るとふらふらした生活をしていたので、起業してようやく両親に恩返しできたかなと思っています。父はPAX Coworkingを開いたタイミングで癌が発覚し6年前に他界しましたが、最後の数年はたくさんのことを教えてもらいました。「起業が恩返し」と言いつつ、安定して来たところで店舗を終了することにしたのですが(笑)。三つ子の魂百まで。

paxiblack

外食などの店舗づくりを主にしている田上さんが来パク。PAX Coworkingを高橋さんの紹介でドロップイン利用しタコとで出会い、その後牡鹿シャルソンの企画を奥村さんとともにしてくれました。僕はその牡鹿シャルソンをきっかけに東北復興応援ランニングイベント「ウルトラシャルソン」を思いついたので、ウルトラシャルソンのことそ初期に相談したところ、事務局もつとめてくれました。

一時期東南アジアを中心に仕事をされていたので、プノンペンシャルソンにも一緒に参加しました。各地で色々な縁ある人です。これからの付き合いも楽しみです!

paxiblack

サハラマラソン出場予定(?)の真鍋さんが、今通っている大学院の同級生である池田さんとご来パク。ちょうどいいタイミングで少しだけ時間が空いたので色々お話しすることができました。人をつなげることを人生の中核にしている人、キャリアとか年齢とかの常識に囚われず変化し続けたいと願う人は魅力的だし、そういう人の存在があるから、僕のこれからの活動も成り立つのだろうなと思いました。

今のラスト89日の期間、この10年間のレビューをしつつ、新しい仲間をたくさん紹介してもらえるので幸せです。

paxiblack

元スタッフの間宮さんも来てくれました。プロジェクションマッピングの勉強を始めようとしていて、そのスキルを持って世界を旅したいというので、カンボジアの中村さんを今度紹介するよ、という話を前回したのですが、最近知り合った友達がすでに中村さんの会社と繋がっていたというミラクルがあったと報告に来てくれました。そうそう、そうそう、人生そういうもん。

paxiblack

PAX Coworkingメンバーのクボマリさんが、僕のライブドア・ニュース時代の同僚クボ(タ)マリさんと来パク。クボ(タ)マリさんはオープニングレセプションや開店時のドタバタな時期にも手伝ってくれました。

マリーと会ったのは友人の結婚式の2次会。僕が幹事をしていました。場所は、六本木のベルオーブ。もう完全に泥酔した後に話をして、当時フリーライターをしていたので「ライブドア・ニュース入れば」と提案したのがきっかけで翌日も会うことに。そして、その時の編集長を即紹介して同じチームで働くことになりました。

数年前、クボマリさんが初めて来た時に、同じような名前の友人がいますよと紹介し、その場で電話してみたら吉祥寺にお出かけ中ですぐに来れるというので紹介しました。それからずっとつながってくれているみたいです。

そこへ、PAX Coworkingの初期の頃によく来てくれた畠山さんが来てくれましたので合流していただきました。

paxiblack

 

鳥獣gigaの超常連だったドクター吉永さんも。パクチーハウスでたくさんの会合を開いてくれ鳥獣gigaも応援してくれたGiroさんと今でも長い付き合いをしているという嬉しい話も。席に案内して最後に写真撮った以外、話ができなかったですが・・・。夏前ぐらいに飲みに行きましょうね!

paxiblack

「またサインしてー」と声をかけてくれた結子さん。日本パクチー狂会時代からの会員で、初来パクの際に『ぱくぱく!パクチー』をご購入いただき、サインさせていただきました。その後再来パクでもう一度、そしてこの日3度目のサイン。著者冥利に尽きます。とても嬉しかったです。

paxiblack

PAX Coworkingの平良さん、そして何度かご来パクいただいている別の平良さんも。いつも会社の仲間をたくさん連れて来てくれる細貝さん、サッポロビール勤務でご近所の山中さん、京都からなんども一人で来ていただいている谷口さんとも、少しずつお話しさせていただきました。84人ご来パク。僕以外のスタッフを足すと89人とともにした夜でした!

paxiblack

そして片付けが終わった24:30過ぎ、近所のドイツビールと自家製ソーセージの名店「IngoBingo」へ。ヤンパクの調理を伝授しに行って来ました。3月3日からフラムクーヘンのヤンパクバージョン「ヤンパクーヘン」がメニューに登場です。お楽しみに!!!

カウントダウン18: パクチーハウス誕生に深く関わる怪しいおぢさん

あと18日。

お知らせ8988878685848382818079787776757473727170696867666564636261605958575655545352515049484746454443424140393837363534333231302928272625242322212019

パクチー銀行の元々の種をくださった“怪しいおぢさん”、大学生時代に作った“世界最大の一人旅サークル”「BEEMAN」のメンバー立ちなど、今の僕に大きな影響を与えてくれた人たちがご来パク。日本のコワーキング黎明期を支えたコワーカーも続々登場!

IMG_1694

日本パクチー狂会を作ったとき、テキトーにタイ料理屋とかのエスニック業態を利用すればパクチーが食べられるだろうという安易な気持ちでいました。しかし、当時はパクチーを見かけることがほとんどなかったのです。探しても探しても。聞いたら「高い」か「日本人パクチーが嫌い」という決めつけばかりでした。

日本の気候は栽培しやすいということを知った上で日本パクチー狂会を作り、いろいろな店にアプローチしていたので、「パクチーに真剣な店ってないんだなぁ」と思っていました。

日本パクチー狂会の会長として、僕自身が栽培をしなければ・・・そう思っていた時にmixiで出会ったのが、南インド料理を普及させた立役者であり大森で「ケララの風 II」を営んでいる“怪しいおぢさん”こと沼尻さんでした。僕はおぢさんから種をもらい、栽培を始めました。その後、種を発送する作業を日本パクチー狂会の会長としてお手伝いしようと思い、おぢさんの代わりに種をいろいろな方に送るようになりました。その送るプロセスをアレンジて作ったのがパクチー銀行です。パクチー銀行の発想は種を送る作業を楽しくやろうという気持ちと、その当時(2006年)にノーベル平和賞を獲ったグラミン銀行を超える銀行を作りたいという僕の妄想が合わさってできたのでした。

パクチーハウスを作る数ヶ月前、種のお礼とパクチー料理専門店を作る報告をするためにおぢさん主催の「南インド料理を食べる会」に参加しました。場所は新宿区の公民館でした。実はこの会で、のちにパクチーハウスのスタッフとなるうっしぃに出会ったのです。パクチーハウス誕生に深く関わる怪しいおぢさんの影。沼尻さんには感謝の言葉しかありません!

paxiblack

大学時代に「旅先の出会いを活かす」目的で作った海外放浪ネットワーク「BEEMAN」 のメンバーが集まってくれました。韓国はソウルの大元旅館で、1995年に図らずも2度あった中西くんと、関西で何かしようと始まった“世界最大の一人旅サークル”です。SNSはもちろん、携帯電話もほとんどの人が持っていなかったので、旅先で連絡先を交換するとき実家の住所と電話番号を書くのが常でした。

出会った人に電話してもその人のお母さんが出る、というのが常態でした。そして特に用がなければ話も通じなかったです。そんな時に「旅先のゲストハウスのように、旅人が交流する会合を開きたい。そこで友人と再会し、新たな旅人とに出会いもできるだろう」と考えて作ったのがBEEMANでした。年齢や立場を超えて、たくさんの旅友達が、日本にいながらにしてできるようになったのです。パクチーハウスは、この時の体験を飲食店という形に当てはめて作ったものです。

paxiblack

開店とほぼ同時に来てくれたのは、常連でいつもかなり緑に染まってる水林さん。最近忙しかったみたいですが、仕事が早く終わり駆けつけてくれました。よく一緒に来ていたりさこさんとPAX Coworkingメンバーのマッキーが合流。

また、コワーキング黎明期に東京で2つ目のコワーキングスペース「下北沢オープンソースカフェ」で知り合った高野さんと清水さんもたまたま来パク。二人はシャルソンの初回・経堂マラソン出場ランナーでした。元PAX Coworkingメンバーの吉澤さんが予定通り元氷見市長の本川さん、東京都市大学の伊藤さんと来パク。そのあたりのチェックインを見てか、メンバーの堀江さん、松田さん、ジェリコ、みっちゃんと彼女の旦那さん関くんも集まってきました。

僕の友人やお客さん、仲間たちは、パクチーハウスその他のパーティで接点を持っていることが多く、そこかしこで出会いと再会が起こりまくっていました。一応なんとなく文章でまとめて見たものの、もともと誰と誰が友達なのか、だんだんよくわからなくなって来ますね。

IMG_1689

カウントダウン87: パクティーのパッケージデザイナーご来パク

あと87日の一日。

お知らせ8988

PAX Coworking 元メンバーの吉澤さんが一日ドロップインしに来てくれました。夜はTwitter初期からのご近所さん前屈王子ご家族、どこでもヨガの大田りっちゃん、NPO法人れんげ舎の長田さんと関係者のみなさんが来てくれました。

また、カンパク前のスピーチをしているときに、「俺の誕生日8月9日です」とおっしゃるお客さんがいて、後ほど話をしてみると同い年の方でした。同い年のパクチーの日生まれ!!! 声を発することで繋がる出会いがあります。

yangpax

PAX Coworking元メンバーの吉澤さんとの出会いは、東日本大震災後の4月。地震の影響だけでなくその直前半年間に東京で最初のコワーキングスペースを始めたり、鳥獣gigaというパクチーハウスに匹敵するぐらい面白い飲食店を立ち上げて潰したり、震災の月が初めての消費税納税の月だったりで会社経営は大ピンチでした。

これからの希望を見出すために、週に数回、ランチタイムにバインミーの提供を始めました。激烈的に昼ビールをオススメして2割ぐらいがメガジョッキを飲むという特殊な空間になりました。1日限定12食としていましたが、ワンオペだったので厨房から注文を聞く始末。来パク客が集中するとお客さんとちゃんと話す時間はありませんでした。

吉澤さんはご家族3人で来てくれていました。今や小学生になったお子さんは生まれた直後でした。いただいたご注文がバインミー1食と生ビール一杯。数がおかしいなと思いつつ、聞いている時間もなかったのでとりあえず準備して提供。他の方への対応をしているうちに帰られました。ほとんど会話もしていないのですが、少し気になっていました。

ランチタイムを終えてTwitterを確認すると、パクチーハウスに行ったけどパクチーを食べなかったという旨の投稿を見つけました。写真や内容からそのご家族だということが分かりました。そしてパクチーは苦手だから食べたくないということも。だからバインミー食べずにビールだけにしたのか!!! 日本パクチー狂会の会長として、こういう「パクチーが食べられないと思い込んでいる人」(会長の公式見解として、世界にはパクチーが嫌いな人は一人もおらず、まだその魅力に気づいていないだけだ、といのがあります)を矯正せねばということで、オンラインでのやり取りが始まりました。

「いろんな食べ方があるから絶対大丈夫!」という説得が奏功し、ゴールデンウィーク後半に何人かお友達を連れて来てくれました。そして、いろいろな食べ方を実体験。そのときに火を通せば(パク天・パクソースのパスタなど)美味しいと感じたそうです。それから2週間後に再来パクしてくれ、料理の解説をしながら同行者に説明しているのを見てビックリしました。すぐ近所に住んでいたのもあり、ちょくちょく僕のイベントに参加してくれ、やがてコワーキングのメンバーにもなりました。

paxiblack

前屈王子はTwitterの初期の頃知り合い、まだまだ店が安定しない頃いろいろ助けてもらいました。奥さまは実は、パクティーのパッケージを作ってくださった方。今、物販はしていませんが、ドリンクメニューのパクティーのところにそのデザインが残っています。

お子さんを生まれたすぐ後から連れて来てくれて、どんどん大きくなっています。昨日はヤンパクをもりもり食べていて、感激しました。

paxiblack

どこでもヨガのりっちゃんは、パクチーハウスで1年半ぐらい前に「どこでもヨガ★パクチーハウス編」を主催してくれた方。パクチーハウスから一番近い東京農業大学出身で、その近くでイベントをしたいと言ってくれたのがきっかけでした。

ヨガして、旅の話して、カンパクして食事する楽しい空間を作ってくれました。その後もちょくちょくご来パクいただいています。

paxiblack

れんげ舎の長田さんとは出会ってまだ半年弱。宮崎県日之影町の町おこしのヒントを探すという東京視察の中で、PAX Coworkingやパクチーハウス東京への訪問に同行されていたのが最初でした。長田さん自身も多様な活動の中で、「場づくり」の支援をしています(れんげ舎の中核事業)。

9月には、コンファレンスビジネスマスターズシンポジウムという、赤坂インターシティコンファレンスのプレオープンイベントで一緒にパネルディスカッションのパネラーをさせていただきました。とてもかしこまったイベントでしたが、長田さんを含む4人全員が柔軟性に溢れまくっていたため、楽しくて刺激的な時間を過ごすことができました(こちらでYOUTUBE録画をご覧いただけます)。

次は檜原BASEで面白いイベント(飲み会)やる予定。楽しみです!

paxiblack

その後、個人的にパクチー入りの自家製ソーセージを出しているドイツビールのお店インゴビンゴと、いつもさりげなくパクチーメニューが置かれているオーガニックイタリアンワインのお店・リコピンを訪ねて帰りました。