石原理恵さんの旅と平和

本日からパクチーハウスで、「こどもカメラマンプロジェクト写真展 第2弾 ~忘れないでほしいからシャッターをきります~」が始まりました。このプロジェクトを主催する石原理恵さんが考える旅と平和について文章を寄稿してもらいましたので紹介します。本写真展は18日まで行っております。


私はカメラと共に約60カ国を旅行し、その日々の中で生まれた感情を形にしようと
2006年よりトーゴへの物資支援活動に始まり、2008年からはカンボジアで孤児を対象とした支援というのにはおこがまし過ぎる程度の個人活動をしてきました。

3.11の東日本大震災後、カンボジアの孤児院で働く友人から連絡がありました。
これまで経験したことのない不安の日々を送っていた私は、友人に「しばらくカンボジアへは行けないかもしれない…」と言いました。

カンボジア人の友人は「当たり前でしょ?何をいっている?リエが今やるべきことは日本の子ども達を元気にすることでしょ!カンボジアは大丈夫。まだ、大丈夫。今は日本を助けて。」

いつも私の想いや心の中を1番わかってくれる友人は真っ直ぐな言葉を私にくれました。
どういうわけか、日本を支援するという考えがなかった私はガツンと殴られた様な衝撃を受けました。

それから写真や旅行という共通の趣味を持つ友人と三人で、自分達にできることを考え始めました。

楽しいことをしよう、
僅かでも子供たちの心のケアに繋がることをしよう、
カメラを使おう、それを展示しよう!
会場で募金も募って。
この震災を忘れないためにできることを続けよう。

そんな風に色々な思いつきと閃きが重なって、「こどもカメラマンプロジェクト」は2011年5月より動き出しました。

第二弾の最初の展示をパクチーハウスさんでやらせていただけることになり、
佐谷さんから「旅と平和」というテーマの自己紹介文を書いてくださいと言われ、
改めてプロジェクトのことやこれまでの旅行について考えました。
(ほんとうにいい機会をいただきました!佐谷さん、ありがとうございました!)

これまでのことを深く思い返してみると、
私にとっての「旅と平和」とはまさしくこの「こどもカメラマンプロジェクト」だと気づきました。

このプロジェクトはほぼ全てにおいて子供たちが主体となり活動しています。
もちろん集めた募金の使い道も子供たちが決めます。
2011年11月募金の使い道を決める授業が行われ、
子供たちは震災以降自分達がしてもらったあらゆることを、

同じ学校の全校生徒に、
気仙沼で頑張っている大人たちに、
ユニセフを通して世界の子供たちに還すことを決定しました。

私はこの授業が行われていた時、全てが「ひとつ」であることを実感し涙が止まりませんでした。

僅かでも自分達ににできることがあればと落とした最初の一滴が、
子供たちの身体や心を伝って素晴らしい流れをつくっていました。

「旅」をしなければ生まれなかった想いと出会えなかった友人、
彼らと一緒に向かった先は「平和」だけを見ている子供たちの住む世界でした。

まだ幼い彼らの旅は始まったばかりだけれど、
ここに写っている全てはとてつもなく大きな希望です。

気仙沼という小さな街から世界中のみんなへ送られたメッセージ、
ぜひ受け取ってください。

 

こどもカメラマンプロジェクト主催 石原理恵」

石原理恵さんブログ
http://commune-earth.cocolog-nifty.com/

6月ですよ~!

本日、株式会社旅と平和の社員が3人増えました~。アルバイトで働いてくれていた 間宮聖子さんと Tasuku Kuwabaraくんがと、約一年ぶりにパクチーハウスに復帰の 牛田 うっしぃさんです。 パクチーハウスのコンセプト(交流する飲食店、旅と平和)を強化するために、うっしぃ店長のもと、ますます楽しい店づくりをしていきたいと思います。

旅とパクチーを愛する人の3点セット(限定セール)

こんにちは。旅と平和の佐谷恭です。

旅とパクチーを愛するあなたに朗報! 旅とパクチーを愛する人の3点セットを期間・数量限定で特別販売することにしました。

以下の3点をまとめてお届けします。

・一見パクチー料理のレシピとパクチーの雑学が書かれている本ですが、実は旅を通じて何を考え、いかに起業したかを書いた『ぱくぱく!パクチー』(定価:1575円)。

・”交流する飲食店”パクチーハウス東京のコンセプトをオフィスに展開。”パーティするように仕事する”というように楽しく仕事することの価値をコワーキングという概念で紹介したビジネス本である『つながりの仕事術 「コワーキング」を始めよう』(定価:840円)。

・ゆで汁まで美味い『パクチー麺』(定価:630円)。

3choice.JPG

50セット限定販売です。この機会にぜひお求めください。美味しくて、面白いよ!

旅とパクチーを愛する人の3点セット(特上)
『ぱくぱく!パクチー』 『つながりの仕事術 「コワーキング」を始めよう』各1冊とパクチー麺6袋のセット
送料(630円)・代引手数料(315円)と商品代金あわせて7140円のところ5250円。(1,890円オトク!)

旅とパクチーを愛する人の3点セット(上)

『ぱくぱく!パクチー』 『つながりの仕事術 「コワーキング」を始めよう』各1冊とパクチー麺3袋のセット

送料(630円)・代引手数料(315円)と商品代金あわせて5250円のところ3990。(1,260円=パクチーハウス東京のメガジョッキ1杯分=オトク!)

旅とパクチーを愛する人の3点セット(並)

『ぱくぱく!パクチー』 『つながりの仕事術 「コワーキング」を始めよう』各1冊とパクチー麺1袋のセット

送料(630円)・代引手数料(315円)と商品代金あわせて3990円のところ3100。(890円=パク=オトク!)

パクパク、パクチーランチ! ~参加者全員が絶対パクチーが好きになって帰るパクチートーク&パクチーランチ!~

(本イベントは、パクチーハウス東京の店舗ではなく、お台場にある東京カルチャーカルチャーで行われるものですのでご注意ください)

申し込みはこちら。パクチー麺のお土産つきです。

カルカル初のパクチーのトーク&ランチイベント開催決定!
世界150カ国以上で使われているハーブであるパクチーを使った美味しい料理を提供する、世界初のパクチー料理専門店であるpaxi house tokyoの佐谷恭さんを迎えてパクチートーク&ランチが開催!

コリアンダーの入ったヒューガルデンに始まりパクチーカクテルを飲みながらパクチーを使ったフードでランチしながら佐谷恭さんのパクチートークをお楽しみ下さい。パクチーが大の苦手な方も、このイベントに来ればきっと大好きになって帰ってもらえるはず
ご来パク、お待ちしております!!

(パクチーハウス・佐谷恭さんからのメッセージ!)
こ のイベントのプロデューサー・テリー植田氏も、最初に話したときは「パクチー全否定派」でした。世の中にあるパクチー情報は間違いだらけ。頭で考えてばか りいないで、心でご飯を食べてみよう。世界でなぜパクチーが必要とされ、世界中で食べられてるのか、豊富な情報と適当な感性で話します!
パクチー が好きでも嫌いでもいい。話題にしている時点で、あなたは「気になっている」。好きな人はより一層美味しく食べるための知識を身につけ、嫌いな人は克服す る方法や自分なりの美味しい食べ方を見つければいい。第一印象ですべてを決めることの愚かさを、世界のパクチー王が証明してやります。

  • 【出演者】佐谷恭(パクチーハウス東京)
    【企画・司会】テリー植田(東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)

お申し込みは、東京カルチャーカルチャーのサイトからお願いします。

みんなでつくる世界地図

パクチーハウスの立ち飲みスペースPublic’S’peaceの壁面にある世界地図をご存知ですか?

世界中から送られてきた、ゲストのポストカードを飾ってあります。旅先からポストカードを送って来パク宣言をすると、ご来パク時に割引を受けられる「ポストカード割」もぜひご利用下さい。

色々な場所からポストカードが届くと、われわれスタッフのテンションが上がります。そして、ゲストとの会話に花を咲かせたり、たまたま居合わせた他のゲストとの接点になるかもしれません。

みんなでつくる世界地図

5月15日は臨時定休日と致します #paxiinfo

こんにちは。

5月15日(火)は臨時定休日とさせていただきます。この日にご来パクを考えていた方、ごめんなさい。設備の入れ替えなどもありますので、この日は一日休ませていただきます。

間違えて来てしまった方には、経堂の素敵な店をどこか紹介しますね。

 

バックパッカーのフリーマガジン『Brali vol.6』に掲載

旅人Kyo paxiです。

バックパッカーのフリーマガジン『Brali vol.6』にインタビューが掲載されました。パクチーハウス東京や株式会社旅と平和を創る以前の旅の話やパクチーハウスを作ってからのこと、パクチーハウスの上にコワーキングスペースを作ったことなどが書かれています。しゃべったことをそのまま書いた風で、ニュアンスの違うところもありますが、それなりに雰囲気や考え方が分かるかなと思っています。お時間あるときにぜひお読みください。
Brali Vol.6(2012年4月25日)

PDF デザイン版
ePub デザイン版

Brali Biz : 「旅」×「ビジネス」 のコーナーに掲載されています。

『つながりの仕事術 「コワーキング」を始めよう』

こんにちは、Kyo paxiです。

パクチーハウスの上の階で、PAX Coworkingという東京初の「コワーキングスペース」を開いて1年10カ月が経ちました。この度、このコワーキングスペースを紹介した日本で初めての書籍『つながりの仕事術 「コワーキング」を始めよう』を5月11日に発行することになりましたので、お知らせします。パクチーハウス東京でのお客さんの交流を、食事の時間だけでなく、仕事の時間に応用したらどうなるか!という僕の一つのチャレンジを、世界で2006年ごろから徐々に広がりつつあるコワーキングスペースの普及にあわせてやってきたものです。この本は、コワーキングを共にする仲間2人と一緒に書きました。

本書の帯にもある通り、「パーティするように仕事する」というのがキャッチフレーズとなっています。一日単位でも利用できますので、ご来パクする際に、たとえば午後からここで仕事してから飲み会に臨むとか、そういう使い方も歓迎です。「アイデアが生み出される場所」を目指しており、意欲的な起業家やビジネスマンが出入りしていますので、仕事の幅を飛躍的に広げたい方にとっていい刺激になると思います。

結婚式に飛び入りしてみる

アジアではいろいろなものに誘われる。飲食店での客引きはもちろん、散発屋も「Mister, Cutting hair?」などなど。

その中でも印象深く、でも結構頻繁に誘われるものがある。それは結婚式。初めて誘われたときは驚いた。意味が分からなかった。でも、いつの日だったか、言われるがままに参加してみた。異国で全く未知のスタイルの式を見て、旅人としては感銘を受けた。そして、現地の人からしても遠くの地から来た人が紛れ込み祝ってくれるのがうれしいようだ。珍客を歓迎する。他の参加者から矢継ぎ早に質問を受け、大抵いつの間にか新郎新婦の前に担ぎだされる。“高砂”の目の前で式を見ることになる。

やがてパーティが始まると、スピーチさせられたり、歌えとか踊れとか…。でも会場にいる人がみな「新郎新婦を祝う」という共通の目的を持っているので、一体感がある。さっきまで部外者だった僕も、美男美女のカップルを祝福すれば完全に仲間入りできた。

あまり日本では見られない光景だ。でも、こうした体験の面白さはぜひとも輸入したいと思った。

パクチーハウスで「貸切しない」と決めたのは、こういう体験が背景になっている。パーティは閉じるより開いていた方が面白い。予想外のことが起こる可能性を常に用意しておきたい。

というわけで、5月19日(土)にパクチーハウスで結婚披露パーティをするカップルがいます。この日は誰にでも開放しているパーティ営業を行います。

 

毎年恒例の花見 集合場所・開催場所

明日は4月の第一土曜日ですので、毎年恒例の花見です!

午後1時代々木公園原宿門集合!
午後5時ごろに片づけて、経堂へ移動!
午後6時すぎにパクチーハウス東京に(再)集合!

さっき、桜の枝を買ってきました。テンション上がるねぇ。

代々木公園の集合場所・開催場所を地図で書いておきますね。遅れた方のご参考に。

では、明日、お花見楽しみましょう!

 


より大きな地図で 毎年恒例の花見会場 を表示