プレスリリース:モロッコ政府とパクチーで基本合意

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
はてなブックマーク - プレスリリース:モロッコ政府とパクチーで基本合意

PRESS RELEASE
報道関係者 各位

2015年4月1日
(エイプリルフール)

株式会社旅と平和

=================================
モロッコ政府と株式会社旅と平和の基本合意
「砂漠にパクチーを生やす」
現地視察:4月3日〜13日
19日に報告会を開催
=================================

モロッコ王国政府と株式会社旅と平和(代表取締役:佐谷恭)は1日、広大なサハラ砂漠の緑化計画の一環として砂漠にパクチーを生やすことで基本合意した。

多くの国や企業の環境活動への取り組みが行なわれているが、砂漠を緑化する場合、砂漠に固有の生態系への影響を考慮する必要が指摘されている。一年草と分類される植物の中でも特に播種から採種までのライフサイクルが短い(通常8週間から9週間で成長しその後実を付ける)パクチーが、その影響を最小限に押さえられるという植物およびハーブ野菜学会での発表を受け、モロッコ政府が1989年からその可能性を探っていた。

株式会社旅と平和は運営する世界初のパクチー料理専門店「パクチーハウス東京」において、モロッコ産パクチーを使ってパクチー麺やパク塩、パクティーを開発。同店舗の料理に使うとともに商品として販売していた実績がモロッコ政府との接点となった。

この基本合意を踏まえて、株式会社旅と平和は、4月3日〜13日の11日間、サハラ砂漠(モロッコ南部)を視察する。代表自ら現地入りし、毎日30-40km以上を人力で移動しつつ、パクチーによる緑化を始めるのに最適な場所を探す。1週間での総移動距離は約250km、場合によっては300kmにも達することになる。

当地でサハラマラソン(MDS)を過去30年にわたって行なっているフランス人パトリックの激励を受けることも決定。ただし、衣食住に関わるすべてのものは視察団が個人個人で持つこととされている。

現地視察の状況報告と、砂漠にパクチーを生やす意義についての将来への展望に関する報告会を今月19日、都内で開催する。申し込みはパクチーハウス東京(TEL: 03-6310-0355)。

4月19日開催予定「砂漠にパクチーを生やす」報告会

 

[取材のお問い合わせ]
株式会社旅と平和
・URL: http://pieceofpeace.org/
・代表: 佐谷恭 080-3700-8900

sahara89

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>