【連絡ください】楽しくお手伝いします!

7518835568_5D4_7401日本パクチー狂会・会長(2005年4月〜)のKyo paxiです。

パクチーハウス東京は閉店しました。12月11日から89日間、必死で告知しましたが、閉店後に知る方も多いようで、SNS等で「驚きの声」を見つけては、できる限りフォローしています。閉店については僕のブログインタビューをご覧ください。

最後の89日間は、本当に濃密でした。「閉店後のプラン」に関する質問に対し「決めていない」と申し上げておりましたが、決めていたら成り立たなかったでしょう。閉店は開店より忙しい一大事業であり、全精力をかけないとできないことを身を以て知りました。このブログで89日連続で交友録を書きました。駄文で申し訳ないですし、僕以外にとっては「知らない多くの人」に関する記述ではありますが、もし全部読んでいただければ僕の20年の旅と10年のパクチーハウス経営について何かが見えてくると思います。

一昨日法事で広島に入り、今日は宮島へ行ってきました。4月に小六になる息子と小二になる娘を可能な限り連れまわすのが、これから1年の僕の目標です。旅する素晴らしさを身体で感じてもらいたいです。

で、「閉店後のプラン」ですが、いまも白紙です。というか、全緑というべきでしょうか。「お父さんの仕事」について少しは心配してくれる子供達には、仕事をしていなくても不安にならないよう、「お父さんは半年ぐらい遊ぶよ」と言ってあります。

この半年、できれば1年ぐらいしたいことは、僕が会社を作ってからの10年超でお会いした人たちと再会し、(必要であれば)何らかのお手伝いをすることです。お客さんんを消費しないために、店を閉じましたので。

パクチー料理専門店を作った第一の目的は、パクチーを知る旅人を集めることであり、なんとか店を維持しつつ、旅の面白さと社会への役割をアイデアベースで共有できる人と出会いたかったからです。そして、パクチー屋がどうなるかは分からないけれど、出会った人たちと、旅人の発想が世界を変えることを事業を通じて証明していこうと思っていました。再会とお手伝いで、それを一つずつ実現したいと思っています。

 

・再会ですので一度でも取引したとか、パクチーハウスに来た、PAX Coworkingにドロップインした、シャルソンを主催したという方でお願いします。「パクチーハウスにずっと行こうと思っていました」は対象外です。
・「お手伝い」と言っても、パクチー料理作りに来てくれよ・・・というご自身のためではなく、事業を通じて社会を変えたいというようなご依頼を優先します。
・面白いと思えばすぐ動きますし、思わなければきっとやらないでしょう。

 

会社を作るときに書いた以下の文章。これがすべてです。連絡はFacebookメッセージからお願いします。ピンと来たら、ご遠慮なく! このブログのシェアも歓迎します。

 株式会社旅と平和 は、旅という経験の積み重ねが国を超えた人びとの結びつきや相互理解を深め、世の中を楽しく、人びとを元気にすると考えます。また、その延長として、旅が世界平和を維持するための大いなる原動力となるという立場を支持しています。
「世界愛(人類愛)」には「祖国愛」を持たずして到達できず、「祖国愛」は「郷土愛」を持たずして得ることはできません。また、「郷土愛」は「家族愛」があって初めて成り立ちます。私たちは、旅を「単なる外国への旅行」と捉えるのではなく、「人が自発的に、他人に会いに行くこと」であると定義します。
社名に「平和」という言葉を冠していますが、その崇高な目的のために地域の活性化や子どもの教育こそが、まず必要だと考えています。平和を維持し広めていく仲間を増やしていくためには、他者の存在とその必要性を認識できる旅という行為を広めることや、家族や地域などでのコミュニティー意識を多くの人が持つようになることが、重要になります。
株式会社旅と平和は、旅や家族・地域単位での交流を促すさまざまな仕掛けを提供し、人とのつながりを見直す体験をすること、自分とは異なる世界観を持った人びとの存在を知ることを通じて、人をオープンで元気な存在にしていきます。そして、自分以外の人のために生きる人たちを応援します。

株式会社 旅と平和 代表取締役社長 佐谷恭

ラストスパート:全緑で楽しもう!

3月10日の閉店まで、あと10日。最終日はパーティです(要申込)

少しでも多くのお客さんに楽しんでいただくため、立ち飲みスペースを大幅に増やし、また、予約数を一気に減らしております。

また、少しでも円滑なオペレーションをするため、一部のメニューを廃止します。いずれ全てのメニューを公開しますので、ぜひ自分で作ってください。

キャパシティの1.5倍ぐらい入っていただいていますが、厨房設備はそのまま、ビールを注ぐスピードも変えられません。一つずつ丁寧に出したいと思いますので、お待たせすることも多いと思います。時間と心にゆとりのない方は、お互い不幸になる可能性がありますので、ご来パクはご遠慮ください。

では、お互い全緑で楽しみましょう!

 

パクチーハウス・ファウンダー
佐谷恭

paxigreen

パクチーハウス東京ファイナル:佐谷恭(Kyo paxi)誕生日パーティ

お申込はPeatixでお願いします。Facebookイベントにも参加表明するとよりつながりやすくなります。

パクチーハウス東京 最終営業日!!!
毎年恒例、佐谷恭の誕生日パーティです。
パクチーハウスでやるのは11回目にしてこれで最後。

例年の如く、僕を知らない人でも参加OKです。
自分の誕生日をダシに、いろいろな人が繋がるきっかけを作るという、21歳の頃からずっとやっている取り組みです。

「初来パク」も歓迎! 全ての人にとって、パクチーハウス東京最終日となります。昼と夜の2部制です。事前にPeatixにてチケットをご用意ください

・昼の部(ライト)2500円 = 限定39人
開場 14:00
パーティ 14:30-15:59
飲み物はキャッシュオン

・夜の部(ハード)5000円 = 限定89人 お土産付き
開場 18:10
パーティ 18:40-21:38
飲み物はキャッシュオン

・通し券(パクチー) = 限定8人 お土産・懇談会つき
集合 14:00
パーティ1 14:30-15:59
89懇談会 16:00-18:00
パーティ2 18:40-21:38
解散 22:00

89懇談会は事前申し込みのみとします。パクティーを飲みながら少人数でじっくり語ります。

昼の部と夜の部の間の2時間は会場準備のためそのままいることはできませんので、通し券をご購入いただくか、その間外出して勝手シャルソンでもしていてください。

混雑すると思います。大混乱かもしれません。予めご了承ください。
食事等十分用意する予定ですが、万が一の時はご容赦ください。素晴らしい出会いがたくさんあることは保証します

パクチーハウス東京/PAX Coworkingの最終日を楽しんでください!

IMG_1785

『Baile Yokohama』出演情報

3月4日(日)と11日(日)、閉店を挟んで2度、FMヨコハマ『Baile Yokohama』に出演します。

パクチーのこと、無店舗展開のこと、ウルトラシャルソンのことなど。

お聞き逃しなく!

世界100ヶ国以上を旅してきた幸福研究家、目崎雅昭によるプログラム。
旅先で出会った幸せになるヒントを日曜日の夜に音楽に乗せてお届けします。

3月4日(日)と11日(日) 21:30-22:00
FMヨコハマ 84.7MHz 『Baile Yokohama』
https://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/BaileYokohama

 

28461307_1498992913482561_157089945_o

日本パクチー狂会:パクチーハウス online

パクチーハウス東京を開く2年半前に、僕は日本パクチー狂会を旗揚げしました。「パクチーの パクチーのための パクチー好きのためのコミュニティサイト」として8年9カ月運営した後、日本パクチー狂会はパクチーハウスでのリアルなコミュニティに引き継がれました。店舗が無くなるタイミングで、「日本パクチー狂会 パクチーハウス online」という形で復活します。まずはFacebookグループから。

 

無店舗展開のパクチーハウスの情報交換を、このグループを通じて行います。ぜひご参加ください。

https://www.facebook.com/groups/146734378726256/

Facebookで「日本パクチー狂会: パクチーハウス online」で検索してください。

双葉

 

すべての予約終了です!

パクチーハウス東京、3月10日の閉店の日までの予約席、すべて埋まりました

最終の通常営業日である3月9日の予約が本日始まり、すぐに埋まりました。皆さんありがとうございます。3月10日は僕の誕生日パーティをして、パーティ営業で店舗終了です。

なお、3月1日から9日までは立ち飲みスペースを大幅拡充(30名さま程度)いたしますので、ご予約の有無に関わらずご来パクください。週末・閉店間際はより混み合うと思いますのでその点はご了承ください。2月中も、立ち飲みスペースに10名さま程度入れます。

「ありえない」と言われたパクチー料理専門店に、こんなにたくさんの予約をいただけて嬉しいです。もう止めろという神の啓示かと思った東日本大震災後の5月に東北でのボランティアから帰った直後ぐらいから今日に至るまでの約7年、大雪や台風、直前の大量キャンセルを除いて89%以上の日は予約満席でした。

・ ・ ・

「3月11日以降、何するの?」という質問をよくされます。12月11日の店舗閉鎖宣言の時と変わっておらず、特にプランを決めないようにしています。毎日カウントダウンしながらブログに書いている通り、閉店作業に集中しております。

10年前だったら、店舗閉鎖という決断はなかったでしょう。でも、この10年で世の中は大きく変わりました。パクチーハウス東京がその移り変わりとともに活用して来たSNSの発展は、「店舗がなくても大丈夫」という自信を僕に与えてくれました。場所がなくても、意思があれば連絡が取れるし、一緒に仕事ができる時代です。

パクチーハウス東京のウェブ、Facebookページはそのまま残ります。店舗がなくてもパクチーハウスがなくならないことは、そこを見ていただければだんだんと分かってくるでしょう。

パクチーハウスの店舗営業は今日を含めてあと30日。もう予約席はないけれど、僕がもっとも大切にしてきた立ち飲みスタイルの交流スペース「public’S’peace」で限られた時間をお楽しみください。

何事も有限です。パクチーハウスに限らず。

パクチーハウス東京・店主
佐谷恭

無店舗展開について考えることをブログに綴っております
旅人と平和を創る社長のブログ

有料メルマガも配信しています
佐谷恭の『パクチー起業論』

IMG_7380

予約数減らします

パクチーハウス東京、3月10日の閉店が迫ってまいりました。

2月の予約はあっと言う間に埋まってしまいました。3月もこのまま行くと同じような状況で営業が終わってしまいそうなので、予約数を大幅に減らすとともに、7名さま以上の予約をお断りすることにします。
また、予約可能日にあっという間に席が埋まると思いますので、メール・SNSでの予約受付を廃止します。

立ち飲みスタイルの交流スペース「public’S’peace」を大幅に拡充します。つまり、予約なしで入れる確率が飛躍的に高まります。

なぜこうしようと思ったかというと、パクチー料理を食べることだけでなくたまたま居合わせた人と話をするのがパクチーハウスの醍醐味だからです。「交流する飲食店」というサブタイトルをつけているのは、僕が体験した、海外のゲストハウスのような気軽にコミュニケーションを取れる場所が、現代の日本に必要だと思ったからです。僕が起業した理由は、日本の社会を変え、世界を平和にするためです。

パクチーハウスで人生が変わった、価値観が変わったという人がたくさんいます。僕自身も、お客さんとの会話を積み重ねた結果、東京初のコワーキングスペース「PAX Coworking」を作ることになったし、6年間で180回ほど開かれたまちおこしランニング「シャルソン」も考案できたし、サハラ砂漠マラソンにも参加するきっかけをいただきました。着席よりずっと話がしやすい、動きやすい「public’S’peace」で、ご自身の人生か世界の将来をよくするヒントを見つけてください。これがパクチーハウスの経堂での店舗での、僕からの最後のプレゼントです。

なお、限られた数の予約席の名称を「シルバーシート」に変更します。

89
89カ月記念パーティ!!!

 

 

ご予約について

多数のご予約ありがとうございます。

12月11日の閉店(無店舗展開)宣言以降、多数のご予約をいただいています。2016年末にぐるなび総研「今年の一皿」でパクチー料理が選ばれる前の数年間の状況と同様になっています。

予約が開始する日(1カ月前から)の14時に仕込みでスタッフが入店してから、数時間で埋まってしまうこともあります。メールでのご予約もいただきますが、読む前に埋まることが多々あります。時間も空間も限られていますので、ご了承ください。

メールの処理は届いた順番にいたしますが、読む以前にいただく電話を優先させたいただいています。

ご予約できなかった場合でも店内窓際にある立ち飲みスタイルの交流スペース「public’S’peace」でお楽しみいただけます。先着順とはなりますが、どうぞご利用ください。

予約状況を知らせてほしいという要望がございますが、更新している時間がありません。不正確なまま放置することになるので、ウェブ上に公開することはしません。当日の空席情報はFacebookページに投稿しますので、ご覧ください。

 

 

【お知らせ】店舗からプロジェクトへ

パクチーハウス東京は、2018年3月10日を以って、経堂の店舗を閉鎖します。本日より数えてあと89日後です。その後パクチーハウスは、「店舗」から「プロジェクト」へ移行します。

10年前に経堂の地に店を構えて以来、地域の方だけでなく日本全国、時には世界各地から多くの方々にご来パクいただきました。10周年を迎えた後も、連日多数のご予約をいただき、本当にありがたく思っています。

これからはパクチーハウスが世界のどこかに出現します。住所不定・夢食。パクチーがまだないところにパクチーを届けるのが次の使命と考えております。

多店舗展開をせず、無店舗展開へ。世界のどこかで会いましょう。

 

パクチーハウス東京・ファウンダー
Kyo paxi

profile

おかげさまで10周年

パクチーハウス東京は2017年11月20日を以って10周年を迎えます。

これを記念して、例年通りみんなで楽しみ交流するパーティを開催しますので、ぜひご参加ください。

参加表明はこちらから: https://www.facebook.com/events/349183195531302/

IMG_6288

パクチーハウス東京に食材を納品してくれる企業の皆さんは、ご招待しております。詳細は以下のファイルをご覧ください。

20171113十周年案内状