パクチーハウス野川

4月7日。桜満開の野川河川敷で、パクチーハウス野川を開催しました。

当日のメニュー
クミン風味のグレープフルーツラペ
パクチーサラダ
緑のフムス
パクチーポテトサラダ
・イノシシ肉の サムサ
ヤンパク
・鶏もも肉とパク根のプロフ
ラグマン鍋

パクチーハウス東京は2018年3月10日に世田谷区経堂の店舗を閉じ、無店舗展開に入っています。「パクチーハウス」として世界各地でポップアップ営業をしています。開催ご希望の方は、『「ありえない」をブームにするつながりの仕事術』の趣旨をよく理解した上でご連絡ください。

パクチーハウス帯広

パクチーハウス帯広を初開催。

帯広と縁ができて、まだ7カ月ぐらいだが、その魅力に取り憑かれている。

パクチーハウス東京の店舗を閉じたことを取材してもらい、そのうちの最後のものがYahoo!トップページに掲載された。すでにトピックスページからは消えてしまったが、コメントが1500件以上も付く大炎上だった。

少なく見積もっても100万人以上が読んだと思われるこの記事により、素晴らしい出会いがあった。そのうちの一つがとかちイノベーションプログラム(TIP)を運営する野村総研だ。近所にできたブリューパブで同社の2030年研究室長らと初顔合わせをした際に「北海道に出張いかがですか」と問われ、これを受諾。十勝との縁ができた。

2018年のプログラムのキックオフ会での基調講演。参加者と関係者で160人ほどが集まってくれた。終了後の飲み会、2次会、3次会、4次会で、ものすごい好意的な反応をもらったし、その日に出会った人たちとまた会いたい、一緒になにかやりたいと思った。その後実行したクラウドファンディングに複数人が協力してくれた。また、クセのある食材といえば・・・ということでいずし(飯寿司)を食べに来て欲しいという要請も。帯広の郷土料理研究家の娘さんがTIPファミリーにいらしたのだ。

というわけで、今年1月に2度目の訪問。『「ありえない」をブームにするつながりの仕事術』の発売日前後だったので、2日で5本もの食事をしながらの講演会を企画してくれ、十勝在住の方々と親交を深めた。(6〜15人ぐらいとじっくり話ができるので、一方的に50人とか100人の前で話す講演と違って、得るものが多かった)

2月26日、TIP関連イベントに再び呼ばれたので前日入りして「パクチーハウス帯広」を開いた。過去2回で出会った十勝の人はもちろん、北海道在住のパクチーハウスのお客さんのほか、関東近郊からもわざわざ来てくれた。

会場は昨年7月以来最も連絡を取り合っている吉田武馬さんが営む「蕎麦人(そばんど)」にて。可能な限り十勝の食材を使う前提でメニューを組み立てた。

初めての場所で初めての食材を使い、他の料理人とコラボレーションするのはやっぱり楽しい。その時の雰囲気と気分で味を変えるのは、講演などで聴衆の反応を見ながら内容を変えるのと同様。コミュニケーションを通じて空間を瞬時に変化させるのは素晴らしい体験だ。

当日のメニューは以下の通り。

ほおばるサラダ生春巻

パクチーサラダ

ヤンパク

十勝人参ラペラペ

パクレーゼ

キムパク豆腐

長芋パクチー

パクパクピッグピクポークビッグパクパクパクポーク

牛トロパクうどん

パク天そば

 

パクチーハウス11周年記念パーティ【締切間近】

パクチーハウス東京は2018年3月10日店舗を閉鎖しその幕を閉じましたが、パクチーハウスは無店舗展開として継続中です。この半年で都内では松陰神社・渋谷・三軒茶屋・銀座・経堂で、国内では名古屋・京都で、海外ではメキシコシティでポップアップ営業しました。というわけで、11月20日に11周年パーティを行います。

といっても店舗がないので、開催場所は目下検討中(東京都内)。これまでは自分の店でやっていたので参加表明してもしなくても参加自由というスタイルを取って来ましたが、今年はどこかの店舗を借りて開催するため、人数を制限せざるを得ません。

パクチーの日から本日まで、クラウドファンディング出版記念兼パクチーハウス11周年記念パーティの参加権を出しています。SNS等ではその旨告知していましたが、想定している人数にほぼ達しそうなので、11周年記念パーティへの参加はそれを以って締め切りといたします。クラウドファンディング は10月1日の24時ですが、その前にこの枠だけ終了するかもしれません。

ご興味ある方はお早めに。間に合わなかった方は、来年以降の11月20日も周年パーティをいたしますので、楽しみに待っていてください。

また、パクチーハウス自宅開催権というのも用意していますので、面倒だからパクチーハウスが来いよという方はどうぞ。料理教室しながらなど、フレキシブルに楽しいパーティをお届けします。

自宅でパクチーハウスを開きませんか!

パクチーハウスを開きませんか?

パクチーの日からチャレンジしているクラウドファンディング で、パクチーハウスを自宅で開催できる権利を出しています。

レシピをどんどん公開していますので、それを見て料理を作ることができるようになっていますが、一緒に料理を作りながら、楽しいホームパーティをしませんか?

クラウドファンディング は10月1日まで開催しています。お早めにどうぞ

 

このクラウドファンディング は、パクチーハウス店主Kyo paxiがパクチーハウスという「ありえない」とされた業態をどのように創り、どのように育て、どのように閉じたかを記した書籍を発行するとともに、自分の道を自分で選ぶ人を増やすためのオンラインコミュニティをつくるために行なっています。

僕の考え方、行動の仕方を、意志ある人に直接伝えたい。そう思って「パクチーハウス自宅開催権」をリターンに追加しました。

2018年7月のイベント情報 #無店舗展開

パクチーハウス関連、イベント・パーティ・講演情報です。ご参加歓迎、また色々な人に知って欲しいのでご参加またはシェアしてください!

 

1日(日) 水の都 おおがきシャルソン

2回目の大垣シャルソン。

 

3日(火) ドレスコードはパクチー:全緑を尽くすパクチーパーティ

全面パクチーTシャツを着た人だけが参加できる、特殊な異空間へようこそ!

 

4日(水) Asian Bistro D(仙台)でパクチーを食べる会

パクチー銀行仙台臨時出張所を開設。

 

8日(日)・9日(月) 「ヤンパクバーガー」デビュー!@ゴホウビダイナー

6月25日の非常識経営論トークライブ向けに開発した「ヤンパクバーガー」が、祖師ヶ谷大蔵のゴホウビダイナーで、毎月8日と9日に食べられるようになるそうです。

 

10日(火)・11日(水) パクチーハウス三軒茶屋@シンチャオ

パクチーハウス東京跡地から3.89km! パクチーに力を入れるベトナム料理のお店でパクらせていただきます。

 

12日(木) 銀座寿司さいしょさんとコラボの魅惑のパクチーナイト【すしパク!】

昨年好評を頂きました寿司さいしょさんとの二度目のコラボイベントです。
江戸時代の書物に、寿司の原型にパクチーが使われていたという記述があります。それを踏まえて寿司とパクチーを超現代風にアレンジしてお楽しみいただきます。

 

17日(火)〜19日(水) 十勝イノベーションプログラム

 

22日(日) 諫早シャルソン

真夏の諫早でご当地シャルソン開催!

 

23日(月)〜25日(水) 島原・天草 酒蔵ツアー

 

人生なんて、簡単に変わるから #パクチーハウス祖師谷

15年近く住んでいる祖師ヶ谷大蔵にある友人の店・ゴホウビダイナーで「パクチーハウス祖師谷」を行いました。

生産者と直接つながる店作りをしたいというオーナー星児くんを応援したくてついに実現。楽しい空間ができました。

こんなやり方ですが、以前にも書いた通り、パクチーハウス東京の立ち上げから閉店までの10年間にお会いした皆さまのお手伝いをしていますので、気軽に連絡ください。

以下、星児くんのレポートを引用!


2018年6月25日

Mr.パクチー佐谷恭さんトークライブ「非常識経営論」開催しましたー!今振り返っても湧き出てくる感情は、楽しかった!!の一言。笑いあり、笑いあり、笑いあり…笑いしかない!

主催しながら個人的に聞きたかったのは、佐谷さんの苦労話や成功の秘訣を聞きたがっていた、自分に気付いた。トークライブが始まるまでは。

そんな自分の気づきを横目に、終始笑いが散りばめられたトークライブは、パクチーハウスの成功哲学ではなく、トークライブそのものが、旅先のゲストハウスの出来事のような雰囲気で進んでいく。知らないもの同士が卓を囲み、飲み語り合い、場が生まれて行く。

20:09には、パクチーハウス東京恒例のカンパクの音頭、「ビラビラビ~ラ!パクパクパク!」が繰り返され、参加してくださった方々が次々に、カンパクの渦に巻き込まれ、一体感は最高潮に達していた。

いつまでもこの場で飲んでいたい、そんな気分になっていたのは、僕だけではないと思う。

パクチーハウス東京では、お客様に愚痴や陰口を言わせない店作りをしてきた、とトークライブで話されていた。

自分の店であるゴホウビダイナーがMr.パクチーによりハイジャックされ、昨日はパクチーハウス祖師谷になっていた。カンパクの音頭であふれ、イベントで初めてあったはずの、見ず知らずのお客様同士が、ビールを片手に語り合い笑い合っていた。

人が居て、ビールがあり、カンパクすれば、楽しくてワクワクする出会いが生まれるということを、目の前で見せてくださった佐谷さん。

自分が飲食店で修行し我慢した10年。見つけられなかった最後のピースが見つけられた貴重な時間になりました。価値観がガラリと音をたてて変わった夜。

うたげの後の店を片付けながら聞いた佐谷さんの言葉、「人生なんて、簡単に変わるから」が忘れられない。

Mr.パクチーは、栽培用パクチーの種をイベントの最後に参加者に配っていた。

もちろん本物のパクチーの種だけれど、本当に渡したかったのは、楽しく生きる人生哲学だったのかもしれない。

平日の夜にも関わらず駆けつけてくださった、山田さん、西澤さん、藤本さん、速水さん、吉浦さん、伊藤さん、岡田さん、平野さん、高橋さん、牧野さん、本当にありがとうございました!

また、8日9日に、お会いしましょう!

齊藤星児

【連絡ください】楽しくお手伝いします!

7518835568_5D4_7401日本パクチー狂会・会長(2005年4月〜)のKyo paxiです。

パクチーハウス東京は閉店しました。12月11日から89日間、必死で告知しましたが、閉店後に知る方も多いようで、SNS等で「驚きの声」を見つけては、できる限りフォローしています。閉店については僕のブログインタビューをご覧ください。

最後の89日間は、本当に濃密でした。「閉店後のプラン」に関する質問に対し「決めていない」と申し上げておりましたが、決めていたら成り立たなかったでしょう。閉店は開店より忙しい一大事業であり、全精力をかけないとできないことを身を以て知りました。このブログで89日連続で交友録を書きました。駄文で申し訳ないですし、僕以外にとっては「知らない多くの人」に関する記述ではありますが、もし全部読んでいただければ僕の20年の旅と10年のパクチーハウス経営について何かが見えてくると思います。

一昨日法事で広島に入り、今日は宮島へ行ってきました。4月に小六になる息子と小二になる娘を可能な限り連れまわすのが、これから1年の僕の目標です。旅する素晴らしさを身体で感じてもらいたいです。

で、「閉店後のプラン」ですが、いまも白紙です。というか、全緑というべきでしょうか。「お父さんの仕事」について少しは心配してくれる子供達には、仕事をしていなくても不安にならないよう、「お父さんは半年ぐらい遊ぶよ」と言ってあります。

この半年、できれば1年ぐらいしたいことは、僕が会社を作ってからの10年超でお会いした人たちと再会し、(必要であれば)何らかのお手伝いをすることです。お客さんんを消費しないために、店を閉じましたので。

パクチー料理専門店を作った第一の目的は、パクチーを知る旅人を集めることであり、なんとか店を維持しつつ、旅の面白さと社会への役割をアイデアベースで共有できる人と出会いたかったからです。そして、パクチー屋がどうなるかは分からないけれど、出会った人たちと、旅人の発想が世界を変えることを事業を通じて証明していこうと思っていました。再会とお手伝いで、それを一つずつ実現したいと思っています。

 

・再会ですので一度でも取引したとか、パクチーハウスに来た、PAX Coworkingにドロップインした、シャルソンを主催したという方でお願いします。「パクチーハウスにずっと行こうと思っていました」は対象外です。
・「お手伝い」と言っても、パクチー料理作りに来てくれよ・・・というご自身のためではなく、事業を通じて社会を変えたいというようなご依頼を優先します。
・面白いと思えばすぐ動きますし、思わなければきっとやらないでしょう。

 

会社を作るときに書いた以下の文章。これがすべてです。連絡はFacebookメッセージからお願いします。ピンと来たら、ご遠慮なく! このブログのシェアも歓迎します。

 株式会社旅と平和 は、旅という経験の積み重ねが国を超えた人びとの結びつきや相互理解を深め、世の中を楽しく、人びとを元気にすると考えます。また、その延長として、旅が世界平和を維持するための大いなる原動力となるという立場を支持しています。
「世界愛(人類愛)」には「祖国愛」を持たずして到達できず、「祖国愛」は「郷土愛」を持たずして得ることはできません。また、「郷土愛」は「家族愛」があって初めて成り立ちます。私たちは、旅を「単なる外国への旅行」と捉えるのではなく、「人が自発的に、他人に会いに行くこと」であると定義します。
社名に「平和」という言葉を冠していますが、その崇高な目的のために地域の活性化や子どもの教育こそが、まず必要だと考えています。平和を維持し広めていく仲間を増やしていくためには、他者の存在とその必要性を認識できる旅という行為を広めることや、家族や地域などでのコミュニティー意識を多くの人が持つようになることが、重要になります。
株式会社旅と平和は、旅や家族・地域単位での交流を促すさまざまな仕掛けを提供し、人とのつながりを見直す体験をすること、自分とは異なる世界観を持った人びとの存在を知ることを通じて、人をオープンで元気な存在にしていきます。そして、自分以外の人のために生きる人たちを応援します。

株式会社 旅と平和 代表取締役社長 佐谷恭

ラストスパート:全緑で楽しもう!

3月10日の閉店まで、あと10日。最終日はパーティです(要申込)

少しでも多くのお客さんに楽しんでいただくため、立ち飲みスペースを大幅に増やし、また、予約数を一気に減らしております。

また、少しでも円滑なオペレーションをするため、一部のメニューを廃止します。いずれ全てのメニューを公開しますので、ぜひ自分で作ってください。

キャパシティの1.5倍ぐらい入っていただいていますが、厨房設備はそのまま、ビールを注ぐスピードも変えられません。一つずつ丁寧に出したいと思いますので、お待たせすることも多いと思います。時間と心にゆとりのない方は、お互い不幸になる可能性がありますので、ご来パクはご遠慮ください。

では、お互い全緑で楽しみましょう!

 

パクチーハウス・ファウンダー
佐谷恭

paxigreen

パクチーハウス東京ファイナル:佐谷恭(Kyo paxi)誕生日パーティ

お申込はPeatixでお願いします。Facebookイベントにも参加表明するとよりつながりやすくなります。

パクチーハウス東京 最終営業日!!!
毎年恒例、佐谷恭の誕生日パーティです。
パクチーハウスでやるのは11回目にしてこれで最後。

例年の如く、僕を知らない人でも参加OKです。
自分の誕生日をダシに、いろいろな人が繋がるきっかけを作るという、21歳の頃からずっとやっている取り組みです。

「初来パク」も歓迎! 全ての人にとって、パクチーハウス東京最終日となります。昼と夜の2部制です。事前にPeatixにてチケットをご用意ください

・昼の部(ライト)2500円 = 限定39人
開場 14:00
パーティ 14:30-15:59
飲み物はキャッシュオン

・夜の部(ハード)5000円 = 限定89人 お土産付き
開場 18:10
パーティ 18:40-21:38
飲み物はキャッシュオン

・通し券(パクチー) = 限定8人 お土産・懇談会つき
集合 14:00
パーティ1 14:30-15:59
89懇談会 16:00-18:00
パーティ2 18:40-21:38
解散 22:00

89懇談会は事前申し込みのみとします。パクティーを飲みながら少人数でじっくり語ります。

昼の部と夜の部の間の2時間は会場準備のためそのままいることはできませんので、通し券をご購入いただくか、その間外出して勝手シャルソンでもしていてください。

混雑すると思います。大混乱かもしれません。予めご了承ください。
食事等十分用意する予定ですが、万が一の時はご容赦ください。素晴らしい出会いがたくさんあることは保証します

パクチーハウス東京/PAX Coworkingの最終日を楽しんでください!

IMG_1785