おかげさまで10周年

パクチーハウス東京は2017年11月20日を以って10周年を迎えます。

これを記念して、例年通りみんなで楽しみ交流するパーティを開催しますので、ぜひご参加ください。

参加表明はこちらから: https://www.facebook.com/events/349183195531302/

IMG_6288

パクチーハウス東京に食材を納品してくれる企業の皆さんは、ご招待しております。詳細は以下のファイルをご覧ください。

20171113十周年案内状

『パクチー起業論:誰もやらないグリーンフィールドの作り方』/ WSx2(ウズウズ)勉強会

日本パクチー狂会・会長のKyo paxiです。

11月20日でパクチーハウス東京はおかげさまで10周年を迎えます。最近は『パクチー起業論』を各所で語らせていただくことが多く、皆様にメッセージを直接届けることができ嬉しく思っています。

来たる11月28日(火)、恵比寿でまたお話する機会をいただきました。お時間ある方は、ぜひお越しください。終わったら、飲みましょう!


 

  • 日時:2017年11月28日(火)19時00分~21時00分(懇親会21:00~22:30)
  • 場所:Geek Office恵比寿 (アクセスマップ)
  • 住所:渋谷区恵比寿4-7-6 KTビル3F
  • 会費:勉強会 2,000円  懇親会 1,000円
  • 募集人数:30名
  • 講演タイトル:「パクチー起業論:誰もやらないグリーンフィールドの作り方」

詳細、お申し込みは以下のページからどうぞ!

http://wsx2.net/1329

 

Kindle Unlimitedで無料で読めます
Kindle Unlimitedで無料で読めます

デリリウムラリーにパクチーハウスが参加

#DCR2017 #デリリウムカフェ10周年おめでとう

本日(10月25日)、ピンクのゾウさんのデリリウムカフェ(ベルギー本店はギネスに認定の「ベルギービールの聖地」)が日本上陸10周年を迎えました。おめでとうございます。

デリリウムカフェのオーナーであり「ベルギービールおたく」の菅原亮平氏とは、2005年に出会いました。今のように多種多様なビールの存在が日本でほとんど知られなかった頃です。他に誰もお客さんがいなかったベルオーブ六本木のカウンター越しに向き合い、話し始めたら止まらず、楽しい時間を過ごしました。日本パクチー狂会を作ってまもなくの頃でした。

当時は、パクチー料理専門店を開くなど夢にも思わなかったのですが、自分なりに何かを追求している菅原氏の姿を見て、面白いと思いました。そして時は流れ、気がつくとパクチー料理専門店を作ってがむしゃらに毎日を突っ走っている頃、twitterでピンクのゾウさんを発見。即座に連絡を取り、再会を果たしました。年に1回ぐらい一緒にイベントをしているのはそういう理由があります。

振り返ってみると、菅原氏がデリリウムカフェを日本にもたらしたのと、僕が世界初のパクチー料理専門店を作ったのがほぼ同時期(2007年秋)でした。お互いにお祝いでコラボすることを決めました。

というわけで、

この約1ヶ月間、ともに歩んでいきたいと思っています。

 

デリリウムラリーについて、概要をおしらせします。詳しくは、デリリウムカフェまで。

delirium-rally

「期間」

11月1~30日、10月31日前夜祭(1店舗スタンプのみ)

「開催店舗」

  • ベル・オーブ(六本木・豊洲・東京芸術劇場)
  • デリリウムカフェ(霞が関・赤坂・銀座・仙台・恵比寿)
  • プティデリリウムタップカフェ(新宿)
  • ブラッスリー セント・ベルナルデュス(神田)
  • ブラッスリーMUH (武蔵小杉)
  • ウルビアマン(秋葉原)
  • Butcher NYC (品川)
  • RIO BREWING & CO. BISTRO AND GARDEN (六本木)
  • パクチーハウス(経堂)

「内容」

15店舗中10店舗を回り、20ポイントを達成したお客様にラリー達成パーティーにご招待。

「ポイント」

  • 樽生・小瓶 1ポイント
  • 375ml 2ポイント
  • 750ml 3ポイント
  • 1500ml 6ポイン
  • 5L 20ポイント

(パクチーハウス東京では、セリスホワイト、デリリウムトレメンスのみ対象)

  • パクチー料理選手権1食1ポイント
  • イベント参加1ポイント

「対象イベント」

  • デリリウムシャルソン
  • 品川ピクニック
  • デリリウムフットサル部

「ラリー達成パーティー会場」

花やしき夜の遊園地(4月下旬開催予定)

「各種賞1位~3位表彰」

  • ベルギービール川柳
    日本とベルギーの文化の融合。参加者にベルギービールにまつわる川柳の作成。店長の投票により優秀作品10作品を選出
  • マイヨジョーヌ
    最短で14店舗のラリーを達成※パクチーハウス東京除く
  • マイヨヴェール
    最多獲得ポイント※他の方のポイントの譲渡はなしとなります。
  • マイヨブラン
    25歳以下で最多ポイント3位以下
  • ドサール ジョーヌ
    チーム獲得ポイント数
  • ドサール・ジョーヌ マイヨブラン
    最年少チームでラリー達成
  • ドサール・ジョーヌ マイヨルージュ
    最年長チームでラリーを達成
  • ジュテームパクチー
    ラリー中一番パクチー料理選手権前菜を食べた方
  • ドサール・ルージュ
    敢闘賞、主催者が独断で選ぶ
  • デリリウムカフェジャポンアンバサダー
    インスタグラムに#DCR2017#デリリウムカフェ10周年おめでとうのハッシュタグをつけて投稿し、1投稿の「いいね」が多い順に表彰

「前菜パクチー料理選手権vol.2」

  • ベル・オーブ六本木 神田橋シェフ
    セリスホワイトで煮込んだ仔羊のグリーンカレー パクチーとグリーンカレーのマリアージュ
  • ベル・オーブ豊洲 宗像シェフ
    オリエンタル五香(ウーシャン)フォー
  • ベル・オーブ東京芸術劇場 片桐シェフ
    総州古白鶏の塩麹マリネロースト パクチーサラダ仕立て
  • デリリウムカフェトーキョー 岩見シェフ
    パクチーを詰め込んだ鶏モモ肉のジャンボネット
  • デリリウムカフェレゼルブ 鈴木シェフ
    スパイシープティサレスペアリブもりもりパクチー
  • デリリウムカフェGINZA 澤部シェフ
    ブラウンマッシュルームと小エビガーリックパクチーココットアヒージョ仕立て パクチーサラダをのせて
  • デリリウムカフェ SENDAI 小林シェフ
    秋刀魚のコンフィとポムパイヤッソンパクチーソース
  • デリリウムカフェ EBISU THE ROAST 森田シェフ
    石窯pizza”バインミー”
  • プティデリリウムタップカフェ 安達シェフ
    ラムパクチー餃子
  • ブラッスリー セント・ベルナルデュス
    柔らかタコイカと農園産直野菜のパクチーココット蒸し
  • ウルビアマン 井上シェフ
    パクチーバターを閉じ込めた若鶏のキエフ風カツレツ パクチー香るチーズのソースで
  • ブラッスリー MUH 加藤シェフ
    網脂で包んだパクチーメルゲーズ
  • Btcher NYC 林シェフ
    豚軟骨の白ワイン煮 ピペラード仕立て パクチーとオレンジ風味
  • RIO BREWING&CO. BISTRO AND GARDEN 小林シェフ
    パクチーの香りを閉じ込めた海老の石窯パン生地ポットパイ

“ありえない”をブームにするニッチ戦略

パクチーハウス東京は11月20日で10周年を迎えます。

当日、毎年恒例の周年記念パーティをしますので奮ってご参加ください!

パクチー普及のために、いろいろ頑張ってきました。日本パクチー狂会の創設当初に僕がうわごとのように言っていた「パクチーがその辺に生えている状態」に近づけるよう、今後も精進していきます。

パクチーハウス東京での10年を、マーケティングの学会用にまとめました。是非読んでみてください!

Kindle Unlimitedで無料で読めます
Kindle Unlimitedで無料で読めます

モスクワの入口はパリ #ロシア特集

10月1日から「ロシア特集」開催中。ロシアや旧ソ連の国々を旅した印象をパクチー料理にまとめました。

ロシア特集の特別メニュー:

チキン・パクライナ Коtлеtа по-Пакраина
パクラジャンナヤ・イクラ Паклажанная икра
パク根のボルシチ  Борщ-слияние Греции и России


 

ロシアを初めて訪れようと思ったのは2001年のこと。大学時代に始めた旅の魅力に取り憑かれ、会社を辞められても旅はやめられなかった。ただ、旅をするその先になにがあるかは全く見えなかった。友人や同級生は、どんどん「大人」になっていった。僕はなりきれなかった。

それまでに出会った友と再会し、話をしたいと思った。友人が住む場所を線で結ぶと、ユーラシア大陸を横断するルートとなった。その行程の大部分をロシアが占めていた。

幾度かの旅でアジアの西端・トルコへ到達した後、さまざまな国々を訪れた満足感に浸っていたが、その北側をロシアが覆っていることに気づいた。おそロシア・・・。

中国→モンゴル→ロシア→バルト三国→東欧→西欧。ざっくりとそんな計画を立て、そのルートに住む友人たちに連絡をした。その計画はモンゴルのロシア大使館で打ち砕かれた。6月にある「ロシアの日」。アメリカ独立記念日をパクって作ったこの日を中心に、そのロシア大使館は1週間ほど休みと書かれていた。僕がモンゴルに滞在できるのは全部で2週間。ビザ取得に必要な日数は1週間以上なのでこの時点でモンゴルからロシアへ行く道が断たれた。

仕方がないので欧州行きのフライトを探しに旅行代理店を訪れた。最安で飛べたラトビアから欧州の旅を始め、約10カ国を経てフランスに到着。ノルマンディ地方南部にあるモン・サン・ミッシェルで日本からタイミングを合わせて来てくれた旅仲間と再会した。ロンドンあたりから帰国しようと思っていたのだが、その彼は「シベリア鉄道で帰るべき」と強く主張し、僕を説得した。飲み会そのままパリから夜行列車でブリュッセル(ベルギー)を目指し、列車を乗り継ぎハンブルグへ(ドイツ)。そこで「メガジョッキ」を飲む楽しさを知り、酩酊状態のままロストック(ドイツ)の港からタリン(エストニア)へのフェリーに乗った。

タリンでは容易にロシアビザが取得できた。モスクワより西の都市ではロシアビザが取りやすいという都市伝説が証明された。そして僕は、晴れてロシアへの入国を果たし、シベリア鉄道経由で日本に戻ったのだった。ロシア滞在中にチェコ人グループと、スウエーデンの永住権を持つ日本人と出会った。彼らとの出会いは、僕の旅や人生に対する感覚を変えた。あのときロシアへ行かずに日本に戻っていたら、また行きにモンゴルからスムーズにロシアに入国できたら、僕の人生は全く異なるものになっていただろう。

それから12年後、高校時代の友人のモスクワ駐在が決まった。それを報告するFacebook投稿に「誰も来ないと思うけど」という旨のことが書かれていた。それを見てすぐにでも行ってやろうと思った。約1ヶ月後、僕はモスクワにいた。毎年恒例のメドックマラソンのために渡仏する際の経由地にモスクワを選んだのだ。

「ロシアも結構パクチー使うんだぜ」。友人が“キンザ”(ロシア語でパクチーのこと)の表記を探して一皿注文してくれた。結果、それ以外もパクチーが使われており、出てきた料理の半分以上にパクチーが使われていた。また、別の東欧料理店に行ってみたら、全ての料理からパクチーを発見することができた。“ロシアはパクチー生産量が世界一”と聞いたことがあったが、日本パクチー狂会の僕が全く知らなかったパクチーの世界がここにあることを知り、感激した。ロシア・東欧はパクチーに溢れている。住んだことのある人はよく知っているらしいが、意外とほとんどの人が気づいていない真実だ。

ロシアのエクストリームなマラソン大会の一つに、「バイカル・アイス・マラソン」というものがある。凍ったバイカル湖上を走る「一直線のマラソン大会」だ。気温は氷点下20℃ぐらい。上述の高校の同級生がハーフマラソン部門に出場したのをFacebookで見ていた。僕はそれを見て、バカじゃないかと思った。その翌月、サハラ砂漠マラソン(MDS)という、砂漠を250km走るレースを通じてパク塩(パク天とかにかけてあります)の商品化をするおバカランナーの僕だったが、そんなレースに出たいとは思わなかった。

サハラ砂漠マラソンの後、一緒に走った Team PAXi のメンバーやそれぞれの友人たちと、パリで飲み会をした。疲れた身体に浴びるような酒。楽しかったこと以外、全てぶっ飛んでしまうような会合だったが、そこでモスクワからパリに引っ越したばかりの人物と会った。僕がモスクワ在住の友人の話を出すと「彼は盟友ですよ!」と興奮気味に語った。何の盟友かと思ったら、一緒にバイカル湖を走ったという。OMG!

「佐谷さん、出会ったばかりでこんなこと言うのもなんですが、絶対に出るべきですよ」。手元のiPhoneでこの奇跡的な出会いをモスクワに伝えると、しばらくしてリプライが返って来た。「じゃ、申し込んどくよ。来年は俺もフルにする」。誰もそんなことは言っていないのに、極寒の地でのフルマラソン出場が決まってしまった。2016年春、僕は極寒のシベリアに降り立った。

ロシアへの入口は2度もパリだったというのは何たる偶然だろうか。そしてパリでもモスクワでも、人々はパクチーを食べまくっているという事実を、皆さんに伝えたいと思っております。

(パクチーハウス店主)

パク根のボルシチ  Борщ-слияние Греции и России 989円
パク根のボルシチ Борщ-слияние Греции и России 989円
パクラジャンナヤ・イクラ Паклажанная икра 890円 ナスと蕎麦の実のロシア的前菜
パクラジャンナヤ・イクラ Паклажанная икра 890円 ナスと蕎麦の実のロシア的前菜
チキン・パクライナ Коtлеtа по-Пакраина 1189円 溶け出すパクバターが悶絶の旨さ!
チキン・パクライナ Коtлеtа по-Пакраина 1189円 溶け出すパクバターが悶絶の旨さ!

【商品開発の会】【10/27金】大ブームはどうやって起こすのか? ゼロからたった一人でパクチーブームを起こしたノウハウと秘密を大公開!

パクチーハウス東京のお客さんとして知り合った嶋裕之さんが主催する【商品開発の会】で講演することになりました。マーケッターの方でご興味ある方は、紹介いたしますので是非ご連絡をください。

現在会員数が850という日本最大級のマーケッターの集まりのようですが、この講演を機に会員数890人になることを目指したいと思います。

以下、【商品開発の会】からの告知文です。
*会員のための申込制のイベントなので場所のみ記載を変えました。
*非会員で聞きたい人はご連絡をください。是非、来てください!


あなたは「ブーム」や流行がどの様に作られるのか知っていますか?
・逃げ恥の恋ダンスは、
ガッキー(新垣さん)にポッキーダンスをもう1回踊ってほしいプロデューサーの情熱から生まれました。
・食べるラー油は、石垣島のペンギン食堂や京都の中華料理屋がルーツとも言われています。
いずれにしても次々と起こるブームや流行の裏には、
実はキチンとした「理由や、仕掛け、情熱」が必ずあるものです。
今回の講演者は「パクチーブーム」
をたった一人で日本に起こした張本人、
パクチーハウスオーナー 佐谷 恭さんです。
商品開発者、宣伝担当、PR担当など
世の中に新しい流れやブームを起こしたい方、
必見の講演です!!!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●日時:10月27日 金 19時半開場 20時~21時半講演 ※別途懇親会あり
●講演者:パクチーハウス オーナー 佐谷 恭 氏
●場所:神田
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今や世の中で、知らない人は居ないほどのブームになっている
「パクチー」ですが、地道なアクションの始まりは10年前の2007年に遡ります。
パクチーを日本中にブームにした佐谷さんは、
実は富士通やライブドアなどシステム系の企業のサラリーマンでした。
そこから世界初のパクチー料理専門店
パクチーハウスを始められたばかり。
はじめは飲食業経営のご経験もなかったそうです。
その様な中で
・パクチーへの圧倒的な情熱と
・他に類をみない徹底的にパクチーにこだわったメニュー
・ツイッターなどSNSを使った地道なファン作り
など手探りでファンを増やし、
10年たった今大きなブームとして爆発しています。
ご講演では、
立ち上がりから現在のブームまでの
一つ、一つの戦略、戦術と
それに伴うリアルな実例を余すことなくお話し頂けると思います。
近年稀にみる本物のブームが立ち上がる実例のお話です。
今回も満員必須です。
お見逃しなく!!!
●佐谷 恭 さんご略歴:1975年神奈川県秦野市生まれ。
パクチーを愛する旅人。ランナー。
98年京都大学総合人間学部卒業、2004年英国ブラッドフォード大学大学院(平和学専攻)を修了。
富士通、リサイクルワン、ライブドアを経て、
07年株式会社旅と平和を創立。世界初のパクチー料理専門店・パクチーハウス東京をオープン。
東京初のコワーキングスペース・PAX Coworking主宰。シャルソン(ソーシャルマラソン)創始者。
「肩書きは自分で作れ」がモットー。
●パクチーハウス:http://paxihouse.com/blog/

 

9月3日からの空席情報 #paxiinfo

この一週間は毎日空席あります。ご予約はお電話ください(03-6310-0355)。

3日(日) 残15。当日のお客さんも多いので、確実に来たい方はご予約を。

4日(月) 残30席。サハラマラソン出場予定者来パク。あの松浦くんも!

5日(火) 残25席。お待ちしています。

6日(水) 残25席。次々入って来ると思うので、ご予約お早めに。

7日(木) 残20席。

8日(金) 残10席。ご予約はお早めに。予約が取れなければ立ち飲みスペースもどうぞ。

9日(土) 残20席。

10日(日) 残38席。ほとんど空いてる!

11日(月) 残20席。

 

店主Kyo paxiは、7日から11日朝までメドックマラソン開催のボルドー訪問のため不在。11日午後はコンファレンス・ビジネス・マスターズ・シンポジウムにてお話させていただきますので、お時間ある方はこちらもどうぞ!

 

関連イベント

日本パクチー狂会 会長、じゃがりこパッケージでダジャレデビュー

ビジネスの89%はダジャレでできていると主張を繰り返し、『AERA』の特集のタイトルにしていただいたこともありますが、パクチーハウス東京および株式会社旅と平和の事業は89%ダジャレです。日本だじゃれ活用協会発足時にもインタビューを受けました。

さて、標題の通り、じゃがりこパッケージにダジャレを掲載することができました。パクチー味ということで是非ともと思っていましたが、念願叶いました。ありがとうございました。

おいしそうでパクつきたイモん♡
おいしそうでパクつきたイモん♡

 

ダジャレやキャッチコピーのご用命は・・・

日本パクチー狂会・会長
パクチー銀行・頭取
パクチーハウス東京・ファウンダー
佐谷恭
080-3700-8900(みんなパクチー)まで。

日本パクチー狂会 会長、パクチープリッツを食べる

8月1日のパクチープリッツ発売に先駆けて、パクチープリッツの味見をさせてもらいました。開発者との対談がグリコの特設ページにてご覧いただけます

パクチープリッツ開発担当者 笹川好希氏と
パクチープリッツ開発担当者 笹川好希氏と

種はカレーに用いられているコリアンダーというスパイスになっているし、根っこも食べられる。そういったどこも無駄にならない食材というところも好きですし、歴史も深い。約1000年前の書物にパクチーがあったとされています。健康にも期待できるし、そういった意味でも人類にとって大きな意味のある食材なんですよね。1000年経って、ようやくブームがきましたが(笑)。

 

 

僕らの目指す究極は、買い物したらおまけでパクチーが付いてきたり、道端にパクチーが生えている、そんな日常にパクチーが普通にある世界です。本当の普及のために、これからも頑張っていきたいですね。

【シブヤ大学】やりたい事をやり続ける為に パクチーハウス東京と考える 自分の肩書きの作り方=5月20日

日時 : 2017年5月20日(土)14:00〜16:00
教室 : 恵比寿社会教育館
先生 : 佐谷 恭 [ 株式会社旅と平和 代表取締役 ]
お申込み(5月9日まで): http://www.shibuya-univ.net/classes/detail/1250/

佐谷恭です。シブヤ大学で公開ワークショップをします。事業を創り、それを多くの人に認知してもらうために、「ネーミング」がとても重要です。会社名、店舗名はもちろん、レストランのメニュー名や空間の呼称、スタッフの給与や手当に至るまで。名前をつけることは魂を吹き込むことなのです。

創業からまもなく10年。まずは、ネーミングにとことんこだわって事業を育てて来た僕の経験と、それぞれの名前がもたらした意味合いなどについて簡単にお話しさせていただきます。そして参加者がやりたいことを実現するために自らの「肩書」を改めて考える時間を持ちたいと思います。

 

以下、シブヤ大学のページから引用。


 

経堂にあるパクチーハウス東京、そこはパクチー好きのための聖地。
すべての料理にパクチーを使った世界初のパクチー料理専門店です。

パクチーを愛する人に惜しみなくパクチーを提供しながら、
“交流する飲食店”というコンセプトを掲げ、相席を推奨し、
夜な夜な不思議な一体感を作り上げる稀有なお店です。

今回の授業では、パクチーハウス東京の佐谷さんに何故パクチーハウス東京を始めたのか、
やりたいことを始めるために必要な事、そしてやり続けるためにやってきた事をお聞きします。

そしてそれらのヒントから、自分につける肩書きについて、授業の中でみんなで一緒に考えます。

例えば、
今のお仕事について悩んでいる方、
最近フリーランスになり自分の活動について誰かの意見が欲しい方、
そして勿論!パクチーハウス東京を愛する方、
はたまたパクチー狂の皆様も、
突き抜けたコンセプトの飲食店の思想と想いを自分事に活かしてみませんか?

注意:パクチーを食べる授業ではありません。

【授業の流れ】(予定)
13:45-14:00  受付
14:00-14:05  シブヤ大学とは
14:05-14:10  アイスブレイク「なぜこの授業に来たか?」
14:10-14:15  講師紹介
14:15-14:50  パクチーハウス東京について
14:50-15:00  休憩
15:00-15:15  やりたいことをやり続ける為に
15:15-15:45  自分の肩書きを考える
15:45-15:55  質疑
15:55-16:00  アンケート/写真撮影

(授業コーディネーター:小田切俊彦)

佐谷 恭株式会社旅と平和 代表取締役

1975年神奈川県秦野市生まれ。パクチーを愛する旅人。ランナー。98年京都大学総合人間学部卒業、2004年英国ブラッドフォード大学大学院(平和学専攻)を修了。富士通、リサイクルワン、ライブドアを経て、07年株式会社旅と平和を創立。世界初のパクチー料理専門店・パクチーハウス東京をオープン。東京初のコワーキングスペース・PAX Coworking主宰。シャルソン(ソーシャルマラソン)創始者。「肩書きは自分で作れ」がモットー。
http://paxihouse.com/